サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「絶対こうに違いない!」という考えはキケン。投資では『用心深さ』も必要だよねという話

僕は資本主義が行き着くところまで行き着いてしまったんじゃないかと最近、思っているよ。

だからこんなに低金利&低成長なんじゃないか、と

 

要するに、フロンティアはもうなくなってしまったんではないか、と…

 

そんな世界経済の状況を横目に、最近目に付くのは『長期投資』とか『分散投資』とかという言葉。

何やら、インデックス・ファンドをドルコスト平均法で積み立て投資をして書い続けていれば、30年後にはものすごい額に膨れ上がっているという幻想を抱く人が増えてきた。

 

僕は 「この200年右肩上がりだったから、これから先もずっと右肩上がりだろう」的な考え方をする人が最近増えていることが気にかかる。

 僕はそういう考えにはどうしてもなれない・・・

 

「経済は今度もずっと成長を続け、株価も右肩上がりに上がってゆくはずだ」という考えには実は何の根拠もないんだよね。

そうなると決まったわけじゃない。

 

当たり前だよね。

未来のことなんて誰にもわからないんだからね。

もしも未来のことが正確に見通せるのだったら(この場合でいうと、30年後に大儲けができる投資法があるということ)、みんな億万長者になってるよね。

 

これって、ただ単純に「これまでがそうだったから」という理由だけで、「これからもそうなる」と結論づけているだけだ。 

決して必ずそうなると決まったわけじゃない。 

 

10回サイコロを振って、9回連続で奇数が出たからといって、10回目も奇数が出るとは限らない。

ところが、今主流の考え方は「10回目に偶数が出ることはない。なぜなら9回連続奇数が出ているからだ」というもの。

 

この考え方がいかにキケンか、わかるだろうか・・・

 

盲目的に思考停止した状態のままある特定の投資にお金を突っ込むのはあまりにも危険なことだと僕は思う。

 

常に不安を抱えながら、矛盾を抱えながら・・・ぐらいが丁度いいのではないだろうか。 

それはいつもビクビクしているという意味ではない。

 

常にそういう用心深い感覚を持って投資をしようという意味だ。

 

いちばん恐ろしいのは慢心に陥ることだ。

「これしかない!」という原理主義に陥ることだ。

 

不安があるから物事を冷静を見つめることができるんだと思うよ。

 

 

media.rakuten-sec.net

 

manetatsu.com