サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

『時間』はどんな資産よりも重要なのに、いつもスルーされがちな件について

僕たちが所有しているのは不動産とか金融資産とか車とか洋服とかだけじゃない。

『時間』も所有している。

 

でもこの時間っていうものはなぜかスルーされがち。

 

 

自宅マンションや仕事のことなんかについては真剣に考える人は多いけど、時間について真剣に考える人は極端に少ない

 

1日は誰にでも平等に訪れ、みんなが所有できるものだ。

そんな貴重なものなのに真剣に考えないなんて、なんだかちょっとヘンな話だ。

 

『時間』というものはいつも粗末に扱われる

でも僕は時間こそがもっとも大切な財産だと思ってる。

 

みなさんにはあと、どのくらいの時間が残されているだろう? 

その限りある時間をなるべく充実したものにし、幸せに過ごしたいものだ。

 

その大切な時間を「忙しさ」と「やらなきゃいけないタスク」に奪われてしまって本当にいいのだろうか・・・

 

そんなにカツカツ・セカセカと生きなくてもいいんじゃねーの?というのが僕の意見だ。

 

電車が15分遅れて会議に間に合わなかったからってそれがいったい何だっていうんだ?

もっと余裕をもって、ゆっくりのんびり生きてもいいじゃないかな。

 

子供はあっという間に大きくなってしまう。

その成長してゆく姿を落ち着いてみることもできない現代人の生活は、あまりにも不自然なことではないだろうか。

 

過ぎ去った時間はもう二度と取り戻らないのに・・・