サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『3-4x10月』を観て思ったこと

 

3-4x10月 [Blu-ray]

3-4x10月 [Blu-ray]

 

 

 

ガソリンスタンドに勤める冴えない青年が暴力団とのトラブルに巻き込まれてゆく。

『その男、凶暴につき』で監督デビューし、国内外問わず大絶賛された北野武監督作品第二作。

 

前作のヒットを受けて100館以上の規模で公開されたが、まったくヒットしなかった。

キャスティングは渡嘉敷勝男やたけし軍団といった北野監督がよく知ってるメンツでかためられ、たけし軍団の中で最も地味な柳ユーレイが主役に抜擢されたことも話題を呼んだ。

 

謎のタイトル『3-4』は草野球のスコア・ボードに由来する。

10月』というのは「10月に公開されるものだったから」という不可思議な理由でつけられたが、そのまったく意味不明のタイトルがかえってアヴァンギャルドな雰囲気を醸し出し、このタイトルを気に入ってる映画ファンも数多くいる。

 

暴力性と芸術性の見事なコントラスト。

無茶苦茶だけど、どこかクール。

斬新で、ユニークな独特の世界観。

 

もしかしたらこれが北野作品の最高傑作かもしれない!

とにかく凄い作品。

 

タイトルからして意味不明だし、ストーリーも謎めいている。

おまけにエンディングもヘンだ・・・

 

何から何まで既存の日本映画とまるっきり違う、とても前衛的な作品だ。

 

それでいて北野監督独特の暴力性や感性がほとばしっている!

不条理を描くことはとてもむずかしいことだと思うのだが、この映画では奇跡的にそれに成功しているように思える。

 

観終わったあと、「なんなんだ、これは!?」という不思議な感覚に襲われる作品だと思う。

そういった意味では『怪作』と言っていい作品だと思う。

だけど、それは予定調和の「よくある映画」に馴れ親しみすぎている、こちらの見方に問題があるのではないだろうか?

 

映画というのは特別なものだ。

似たり寄ったりのものをいくらたくさん観たって、映画体験にはならない。

 

そういった意味では本作はまさに『特別な作品』といえる!

商業的にはまったくヒットしなかったけど、僕は個人的にすごくこの作品好きです。

 

なんか、いちばん北野武らしい映画だと思っている。

日本でも、海外でも、この世界観はオリジナルなものだと思う・・・