サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

過ぎ去った「過去」や起こってもいない「未来」に生きるのはではなく、『今(いま)』に生きよう!という話

ついつい人間は「過去」のことをずっと引きずって、そればっかり考えちゃう。

でも、そのことによっていつも犠牲になるのは「現在(いま)」だよね。

 

「この川、昔はシャケがいっぱい獲れたんだけどなぁ」っていくら嘆いたって、シャケがその川にやって来ないものは仕方ない。

泣こうが喚こうが来ないものは来ない・・・

 

それなのに、いつまでも昔の栄光に囚われ、そればっかり考えていたってちっとも現状は良くなったりはしない。

このままだったら飢え死にしちゃうよ!

 

 『シャケが川で獲れなくなって今、困ってるんだったら、その代わりに山に入っていってイノシシでも獲ってこいよ!』って話だよね。

 

さらに人間は「未来」のことに気をとられるという厄介なクセも持っている。

過去のことに気を取られるのと一緒だよね。

 

その場合も犠牲になるのは、いつも現在(いま)だ・・・

 

「あと3年したら、この川にシャケが返ってくるかなぁ?」なんてことをいくら考えたって、今の空腹はちっとも満たせない。

 

それなのに何十年も先の老後のことを考えて、「定年退職をすればラクになれる」「年金生活者になれば苦しみから解放される」なんてことを毎日考えている人がいるよね。

 

過ぎたことや、まだ起こってもいないことにアタマと労力を使うのはもうやめよう。

そんなことを考えるくらいだったら、『いまをどうやって満たすか?』を真剣に考えよう。

 

それから、遠い遠い未来のためだけに生きるのもやめよう。

いちばん大切なことは、『いま』じゃないですか?

 

これは投資においても、恋愛においても、仕事においても、何でも当てはまることだ。

結局のところ、『いま』がいちばん重要なんだよね。

 

10年後には良くなってる。いや、20年後には」って。

そんな先のことどうなってるかなんてわからないじゃん!

 

今、流行ってる投資法ってリターンを先延ばしにするものばっかりだよね。

30年も40年も積立投資をしていって、30年後40年後の株式市場の値上がりに期待するというような投資法ばっかりでしょ?

 

その間、実際に受け取るキャッシュはゼロ!

全部、再投資にまわしちゃうから、たとえ配当金や分配金が出たとしてもそれを受け取ることもない。

30年も、40年も…

 

僕はそういう投資、好きじゃないな。

できることなら、今すぐお金を受け取りたい。

 

遅くても半年。

できれば、来月末には僕の銀行口座にお金が入金になるようなものがいい。

そのお金で家族をやしなわなきゃいけないからね。

30年も40年も待ってられないんだわ。笑

 

だから僕は不動産投資が好きなんだよね。

あと、株式投資でも配当金とか株主優待がもらえる個別株への投資が好きなのさ。

 

複利っていうのがものすごいパワーを秘めていることは百も承知だよ。

30年間40年間じっと我慢していれば、老後を迎える頃には雪だるま(スノーボール)のように資産が膨れ上がっているかもしれない。

 

株式市場が右肩上がりであれば、ね…

 

でもさ、そんなのって誰がわかるだろう?

今までのデータが右肩上がりだったから、これからも確実にそうなるって??

本当にそういうものに何百万円も、何千万円も投資して大丈夫???

 

引退するときに、株式市場が期待していたとおり上昇していたらおめでとう!

雪だるまのように膨らんだ資産を売却して大きなキャッシュを手にすることができる。

 

だけど、もしも株式市場が下がっていたら?

あるいは、今と同じ水準だったら??

 

負ける確率が3分の2のロシアンルーレット…

悪いけど、僕はそんなものやりたくないなぁ。笑

 

 「10年前、15年前はこうだったのになぁ」って。

そんなこと考えて何か今、いいことあるの?

 

『いま』を充実させろ!って話。

 

人生を自分の力で切り開き、幸せを手にする人って結局、いまの自分をハッピーにさせることにアタマと労力を注いだ人だ。

 

その『いま』の先に未来がある。

『いま』がハッピーじゃない人は、未来もハッピーじゃないんじゃないかな?