サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『南瓜とマヨネーズ』を観て思ったこと

 

南瓜とマヨネーズ

南瓜とマヨネーズ

 
南瓜とマヨネーズ (フィールコミックスGOLD)

南瓜とマヨネーズ (フィールコミックスGOLD)

 

 

 

最後の素朴な歌と号泣シーンがグッときた。いろんなタイプの男の間で揺れ動く迷子の誰かさん

 

謎の男、オダギリジョーの存在感がハンパなかった。原作漫画読んだことないんだけど、原作ではどんな風に描かれていたんだろうか。

だらしない。惚れたらマズイ男。

でもカッコいい。

わかる

 

臼田あさ美はちょっと不思議な女の子だ。脆くて弱い。でもどこか放っておけない。

そういえば、こんな女の子いたような気がする。

 

騙されやすく、押しに弱く、尽くすタイプ

 

太賀とは合ってるようで合ってない。

一緒にいてはお互いがダメになってしまう。

 

そうかだからカボチャとマヨネーズなのか。

 

そういえばこの映画、『桐島』の出演者のオンパレードだったな。

太賀はもちろんなんだけど、清水くるみも出てたし、浅香航大も出てたよ!

 

 

桐島、部活やめるってよ