サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

消費税増税なんかやめて、財政支出をしないと日本経済は大変なことになるぞという話

『メリー・ポピンズ』という映画のなかで、

 

どんどんお金を預金しなさい! 

 

みんながいっぱい預金すると、それが融資という形を通じて運河を作ったり街を整備したりすることに使われるから!

 

 

というセリフが出てくるよね。

 

メリーポピンズ (字幕版)

メリーポピンズ (字幕版)

 

 

 

 

むかしは、そのスキームで経済はまわっていたんだよね。

ところが今はまったく違う現象が起こっているんだ。

 

今、経済がこういう状態になっているのは『デフレ』が原因なんだ。

そして、デフレは企業や国民がお金を消費しないから起こる。

要するに、モノを買わなくなったということだね。

 

なぜ消費しなくなったか?

それはお金がないからだよ!

ちっとも給料は増えない。

 

それなのに、税金や社会保険料の負担ばかりが増える。

当然、手取りも減る。

 

f:id:orange345:20190903085702j:plain

 

出典:同じ年収でも「手取り」は15年下がり続けている | サラリーマンのための「手取り」が増えるワザ65 | ダイヤモンド・オンライン

 

 

むかしは年齢を重ねるごとに年収も増えていった。

可処分所得も増えていった。

むかしは「消費税」なんてものもなかったしね…

 

ところが今はむかしとまったく違う状況だ。

それこそ『メリー・ポピンズ』が公開された60年代とはまったく違う状況。

 

あの当時は需要があった。

みんな欲しいものもたくさんあったし、フロンティアもたくさん残っていた。

企業も国民も年々、儲かっていった。

人口も増加し続けた。

 

だから歳を追うごとにモノが売れていった。

すべてが右肩上がりだったんだ!

 

 

media.moneyforward.com

 

 

ところがご存知のとおり、今はそういう時代じゃなくなってしまった。

 

『日銀の量的緩和政策(金融緩和政策)』という言葉を耳にしたことがあると思う。

日銀は考えたんだよね。

 

企業や個人にお金を貸す(融資する)存在である『銀行』にたくさんお金を渡したら、彼らがいっぱいお金を貸し出して、それによって経済が活性化されるんじゃね?

経済が活性化されたら、当然企業の設備投資も増えるし、従業員に対する給料もボーナスも増えるんじゃね?

 

そうなったら、みんなモノを買う(消費する)ようになるんじゃね?

経済は潤って、このデフレから脱却できるんじゃね?

 

日銀はそんなふうに考えて量的緩和政策(金融緩和政策)をはじめた。

やったことは主にこんなこと。

 

 

 ・日本中の金融機関が保有している国債を日銀が買い入れて、マネタリーベースを増やす

 

・ゼロ金利政策を実行し、銀行が融資の際の貸出金利を下げる

 

・ETFなどを購入する

 

 

 

その結果、日銀は今や日本国債の約4割を保有するまでになった。

ものすごい額だ!

 

その結果、銀行の日銀当座預金は増えた。

「さあ、銀行よ、企業や国民にたくさんお金を融資して、日本経済を活性化させろ!」

政府はきっとそう思っただろうな。。

 

 

f:id:orange345:20190903090226j:plain

 

出典:asahi.com(朝日新聞社):日銀、ゼロ金利復活 量的緩和政策を導入へ - 世界金融不安

 

 

だけど、物事はそう簡単にはいかなかったんだ。

その理由はやっぱり、デフレ…

 

「さあ、お金を借りてくれ!」「金利は史上最低の水準だよ!」っていくら言われたって、企業もモノが売れなかったら製品をつくるわけにもいかない。

設備投資に多額の資金を投入しても、それを回収できるくらいの売上が確保できるかどうかもわからない。

 

だから企業側も積極的に銀行からお金を借りようと思わない。

 

企業が現状維持を続けているうちは従業員への人件費も増やすわけにもいかない。

そうすると、個人消費も落ち込む。

それに加えて消費税増税や社会保険料の負担増が追い討ちをかけて、ますます「モノを買おう」と意欲を失わせる。

 

さらに年金や医療、介護などの将来不安も大変だ。

子供の教育費も大変だ。

そんな状態でどうやって安心してお金を使える??

 

家や車を買える?

旅行に行ける?

外食できる?

飲みに行ける?

etc・・・

 

これがデフレの恐ろしいところだよね。

これが今、日本が現状なんだ。

 

 

www.j-cast.com

 

 

銀行にはいっぱいお金があるんだよ。

だけど、全然融資額が増えないんだ。

 

日銀による量的緩和政策(金融緩和政策)だけじゃ不十分ってことだよ!

 

それはそれでやりつつ、やっぱり経済政策を打ち出さなきゃいけない。

経済政策とは端的に行って、政府支出を増やして、政府が直接、国民にお金を配るということだよ。

 

日本はそうやって経済発展してきたんだ。

たとえば、悪名高い公共事業。

あれだって立派な経済政策だよね。

 

民間に任せていたってちっとも誰もインフラを整備しようとしないんだったら、政府がお金を出して、無理やり需要をつくるしかないよね。

「お前、ここに港をつくれ。橋をつくれ」ってな具合に工事を発注する。

 

そうすると、企業は従業員を雇って、建設機械などを購入してその仕事をやらなきゃならなくなる。

当然、お金がまわるよね!

 

f:id:orange345:20190903090514p:plain

 

出典:バブル崩壊後に減らされ続けてきた公共事業費 | 経済、政治、テクノロジーなど豊かな未来のために知っておきたいこと

 

 

ところが、この財政支出を政府はずっと渋っているんだ。

理由はカンタン。

みなさんも耳にしたことがあるよ。

 

財政再建ってやつだよ!!

これがデフレの正体。

 

「日本の借金は1,000兆円を超えてる」とか、「将来の子供に借金を押し付けていいのか」とか、「日本はギリシャのようになる」とかって言葉、聞いたことないっすか??

そのせいで政府は財政支出を減らしているんだ。

 

民間にお金を配ろうとしている。

国民を豊かにしようとしていない。

 

いや、それどころか、国民をどんどん貧しくしようとしている。

もうすぐ消費税が10%になるんだよ。

10,000円の買い物をしたら、1,000円取られちゃうんだよ。

そのダメージは計り知れないものになるよ…

 

ただでさえもデフレで困ってるのに、消費税が10%になったらますますひどい事になるはずだよ。

軽減税率なんて、まったく無意味。

 

 

f:id:orange345:20190903090746g:plain

 

出典:【画像有り】昔は一億総中流だった・・・は大嘘と判明 高度経済期は貧困層が多かった

 

 

僕は日本がもう一度、『一億総中流』を復活させたほうがいいと思ってるんだ!

いろいろ問題もあったかもしれないけれど、こんな格差社会よりよっぽどマシだよ。

 

バブルとまではいかなくても、日本人一人ひとりがもっと豊かになって、安心してお金が使えるような世の中。

年々、所得が増えていって、みんなが笑顔で生きられるような世の中。

 

一億総中流社会。

すばらしいじゃないか!

企業は銀行からお金をたくさん借りて、どんどんビジネスをやり、従業員の人件費も増え、みんながたくさんモノを買ったりする社会。

 

何か問題ありますか?

 

そのためには、何としてもデフレから脱却しなければならない。

この悪循環、このスパイラルから抜け出さなきゃならない。

 

だから、こんな時期に消費税なんか上げてる場合じゃないんだよ。

政府も「財政再建」とか「財政健全化」とか言ってる場合じゃないんだよ。

 

栄養失調で死にそうになってるんだよ。

まずは元気にさせなくちゃ!

 

「これ以上、日本の借金を増やしたら国債は暴落する。デフォルトになる。ハイパー・インフレになる!」

そんなことばかり言ってるから、こんなことになったんじゃないか。

 

それ、20年間ずっと言い続けてきたよね。

その結果がコレじゃないか。