サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

なんでもテキパキできちゃう完璧人間より、多少ドジでポンコツくらいの人の方が愛嬌があってイイという話

なんか世の中的に何でもバリバリ・テキパキとできる人が偉いみたいな風潮が漂ってるけど、僕はそれちょっと危険だと思っている。

ちょっとドジで、ポンコツぐらいの人の方が愛嬌があっていいような気がするんだよね。

 

何でも完璧にできる人って、なんかちっとも面白くない。

真面目で間違ったことは何一つ言ってはいないんだけれども、なんかその真面目で間違ったことを何ひとつ言わないところが逆に魅力を感じないというかね…

 

職場なんかでも必ず一人はいるよね、こういう何でも一人でバリバリやっちゃうようなタイプ。

誰にも頼らずに全部自分で仕事を抱えてしまうような人。

 

僕もサラリーマンをやってたからわかる。

何回か転職した経験もあるけど、どの職場にも必ずこういう人っていた。

 

見ていてあまり気持ちのいいものではなかったね。

一見すると、そういう人ってものすごく仕事ができるように見えるから、出世したり、責任ある仕事を任せられたりしそうだけど、必ずしもそうでもないんだよ。

 

 

smartlog.jp

 

 

意外とこういう人っていうのはリーダーを任せられないパターンが多い。

能力は高いんだけど、まわりがついていかないんだよね。

だから組織全体から見ると、すごく厄介な人になったりする…

 

社内の空気も悪くなるし、仕事の効率や生産性から見ても、必ずしも良いわけじゃないんだよね。

やっぱり、一人より二人、二人より三人でやったほうが何かといろんなことがうまくいくし、会社としても別にその人だけに仕事をやってもらいたいわけじゃないからね。

 

ところが、こういう人は会社の仕事を完全に私物化して、自分のやりたいようにやろうとしたりするんだよね。

そうすると、当然まわりからも反発がくるし、逆に上司に怒られたりね・・・

 

大勢の人からアイデアを募ったほうが面白いアイデアや新しい発想も生まれやすい。

サッカーと同じだよ。

強いサッカー・チームというのは必ず一人ひとりのプレーヤーのスキルも高い。

 

クリスティアーノ・ロナウド1人がいたって、まわりがダメだったら勝てないんだよね。

 

coach.co.jp

 

 

それから、会社全体で考えても1人だけに頼った組織というのは非常にもろい。

もしも、その人が病気で倒れたり、その人が何らかの理由で会社を辞めたりした場合、途端に組織全体が崩壊することになる。

会社はそういう状態になるのをいちばん恐れるんだよ。

 

だから、その人は一人でバリバリ仕事したいのかもしれないし、仕事をまわりの人に分けずに全部自分でやりたいという欲求が強いのかもしれないけれど、それは本人のわがままなんだよね。

会社全体・組織全体から見ればそれは決していいことじゃないんだ。

 

ところが世間一般的には何でも完璧な人にできる人がいいんだ、という風潮になっている。

親も学校の先生も、子供たちに「優秀な人になれ」「バリバリと仕事ができる人間になれ」と教えている。

 

完全に誤解されてるところがあるよね…

 

 

tomokon.org

 

 

たとえば恋愛においても、イケメンで、一部上場企業に勤めていて、年収は一千万を超えていて、身長も180センチを超えていて、親も大金持ちで、オートロックのタワーマンションに住んでいて、車はベンツで・・・・みたいな人がいい、そういう人が魅力的、そういう人と結婚したいというカンジになってる。

 

だけど、果たして本当にそういう人って魅力的な人なんだろうか?

ちょっと間抜けで、ドジなところがある人間くさい人の方が魅力的なんじゃないかな。

 

たとえば、ディーン・フジオカと田中圭だったら、僕だったら田中圭の方がいいな!

滝川クリステルと日本テレビの水卜ちゃんだったら、僕だったら水卜ちゃんのほうがいいな!

 

滝川クリステルさんという人が悪いとか、魅力的じゃないというわけじゃないんだけれど、なぜか知らないけれど、直感的に水卜ちゃんと結婚した方が幸せになれるような気がする。

滝クリと結婚したら、なんだかいつも気が休まらなくて、とても疲れる結婚生活になりそうな気がするんだ…

 

みなさんはどうでしょうか。

ディーン・フジオカと田中圭がいたらどっちと結婚したいですか?

滝クリと水卜ちゃんだったらどっちと結婚したいですか?

 

多少、ポンコツぐらいの方がいいんじゃないかな。

それとも、何でも完璧にテキパキとこなせる人の方がいいかな。

 

 

ranking-best.net

 

 

子供の頃から親に厳しく育てられたような人って、結構、頑張り屋さんタイプの人が多いんだよね。

本当はそんなに頑張らなくてもいいのに、ついつい頑張っちゃう。

 

そして、その頑張りが裏目に出ちゃう・・・

 

頑張り屋さんというのは結構、寂しい人でもあるのかもしれないね。

親と仲が悪かったり、親の事を嫌っていたりする人って頑張り屋さんの中では意外と多いんだよね。

 

それに対して、子どもの頃から親と仲が良くて、たっぷり愛情を注がれて育ったような人っていうのは、そんなに頑張らなくても「なんとかなるだろう」って思う。

自己肯定感が最初っからあるからね。

そんなに必死にならなくてもいいんだ。

 

だから、社会人になっても肩に力が入ってなくて自然体でいられる。

多少ドジなところや抜けてるところがあるかもしれないけれど、そこがチャーム・ポイントになったりする。

 

でも、そういう人ってキリキリとした頑張り屋さんから見れば、無性にイラつく存在だったりする…

 

れは、その人に対してイラついてるんじゃないんじゃないのかな。

子供の頃、親から優しくしてもらえなかった、愛してもらえなかった、可愛がってもらえなかった・・・・そのコンプレックスが根底にあるんじゃないのかな。

 

本当はそういう無邪気な人がうらやましいんじゃないのかな。

本当は自分もそういう人になりたいんじゃないのかな。

 

自己肯定感が自然に備わってないから、自分でつくっていかざるをを得ない。

その想いが強すぎると、一人で頑張って暴走しちゃう事になる・・・・

 

本当に最初から自分に自信があって、自己肯定感が強い人だったらそんなに目の色を変えて頑張らなくてもいいもんね。

だって、もともと「自分はスゴイ!」っていうのがあるわけだから。

無理して頑張る必要ないもんね。