サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

国民の多くが自分にとって不利な政策を支持している奇妙な現象について考えてみた。

安倍内閣支持率、58%に上昇 という記事を読んだよ。

 

 

www.yomiuri.co.jp

 

うん、これが理解できないんだよね。笑

なんで??

 

これは嘘でも捏造でもないと思う。

みんな本気で真剣にアベ政権を支持しているんだと思う。

 

消費税が増税されても、年金が減額されても、国民の豊かさよりもアメリカを優先させても、「長い物には巻かれろ」の精神。

 

『欲しがりません勝つまでは』の頃から何も変わっていないね

 

f:id:orange345:20190901104214p:plain

 

出典:日本の「国民負担率」は右肩上がり、2015年は過去最高の44.4% - シニアガイド

 

 

多くの人が誤解してることなんだけど、税金というのはインフレを抑制するツールなんだよね。

増税をすると、購買意欲が落ちるからインフレ抑制になる(つまり、デフレになる)。

 

そういった意味でいうと、こういうデフレ下の状況で消費税を増税するというのは極めて奇妙なことなんだよ。

 

あれ、デフレから脱却したいんじゃなかったっけ?

インフレにしたいって言ってなかったっけ?

 

f:id:orange345:20190901104604j:plain

 

出典:日本を20年間もデフレにしたのは、消費税である。 | 格差の無い福祉国家を目指す。

 

 

「インフレになると物価が上昇するから困る」と言うけれど、それに伴って賃金も上昇していけば何も問題ないよね。

要するに年収が増えるということ。

手取りが増えるということ。

 

モノの値段も上がるけど、それに伴って給料もボーナスも増えたらOKじゃね?

 

健全なインフレは喜ぶべきことなんだよ!

 

f:id:orange345:20190901104755p:plain

 

出典:https://incomlab.jp/%EF%BD%97ith-the-inflation-4811

 

 

インフレの心配をするよりも、デフレの心配をした方がいいよね。

デフレというのは国民が貧しくなって経済が衰退すること。

インフレは経済が成長して国民が豊かになるってこと。

 

インフレ率が基準を超過してヤバイってことになってきたら、その段階になってようやく『増税』という話になってくる。

 

結局、MMTを批判する人たちっていうのは『グローバリスト』なんだよね。

政府とか国境とかを飛び越えて、規制も全部取っ払って全世界規模で大儲けをしたいと考えてる勢力

 

GAFAがいい例だけど。

一部の特権階級や超大企業がすべてを独占し、世界を席巻し、支配しても構わないと考える人たち

 

f:id:orange345:20190901105155j:plain

 

出典:GAFAをじわりと覆う世界の"徴税包囲網” 「タックスヘイブン潰し」が始まる | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

 

 

支配者層にとっていちばん困るのは労働者が潤うこと。

貧しいままにしておいた方が何かと都合がいい。

力で押さえ込み、自分たちが君臨することができる。

 

今、世界で起こっているのはこの『グローバリズム VS 反グローバリズム』の闘いだよね。

 

左とか右とかの時代はもう終わったんだよ

 

いちばんわからないのが今、労働者たちの多くが、支配者層でないのに消費税増税やグローバリズムに賛成してること。

むしろ、グローバル資本主義の中で傷つき、弱り果てた人たちのことを「自己責任だからな!」と言って切り捨てている。

 

いや、あなた、逆でしょ。

どっちの味方してるの?という話。笑

 

 

webronza.asahi.com