サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

本気で不動産投資をやりたいと思っているのなら、〇〇をしておいた方がいいという話

不動産投資では「銀行からお金を借りられるの?」が最重要事項。

だから『属性』が大事になってくる。

僕は若い人には『会社に入社したら10年は勤めろ!』と説いている。

 

それは会社のためではなく、自分のためにそうすべきなんだ。

 

散々、自由を語ってる僕がこんなことを言うのはヘンかもしれないだけど、僕はイケハヤ氏みたいに勤め人を『否定』しません。

勤め人を『利用』します。

 

やっぱり勤め人という肩書きと信用力はデカイよ。

曲がりなりにもその肩書きを得てる人は、それだけアドバンテージがあるということ。

 

 

shikin-bank.com

 

 

はっきり言って銀行は無職の人や個人事業主にはお金を貸したがらないからね。

その辺はすごくシビアだよ。

 

東証一部上場企業じゃなくてもいいのさ。

そこそこの会社でもいい。

とにかく、『勤め人』という肩書きを外しちゃダメだ!

 

とくに最初のうちは!

海のものとも山のものともわからない人に、いったい誰が何千万円も何億円もお金を融資すると思う??

 

とにかく『銀行の審査』という関所を突破しなくちゃいけない。

そのためには勤め人という肩書きが必要なんだよね。

ただそれだけのこと。

 

良いとか悪いとかの問題じゃないんだ。

極めて技術的・手続き的な話なんだ。

 

簡単に会社を辞めてしまう人はその辺のことをわかっていない。

感情に任せて動いてしまったら、大金持ちになるチャンスも、自由になるチャンスも消失してしまうんだよ・・・

 

www.kaigyou-sougyou.com

 

 

自由になるのはきっちり土台を固めて、大空へ飛び立ったあとの話。

それまでは『下積み期間』よ!

 

ただ、いくらでも銀行から融資してもらえる高属性なのに、アンチ不動産投資の人が多いのも事実。

そういう人も見るたびに僕は「勿体無いなぁ」「使えるリソースがあるのになぁ」と思うよ。

 

不動産投資では「銀行からお金を借りられるの?」が最重要事項。

だから『属性』が大事になってくる。

 

基本的に銀行は勤め人にしか融資しませんからね。

本気で不動産投資をやりたいというのなら、石にかじりついてでも勤め人を辞めない方がいいと思います。

 

自由とかの話は「ある程度の段階」に達した後の話ですよね

いきなり自由になれるなんてあり得ませんよね。

 

 

www.nikkei.com

 

不動産投資に興味を持つのはいいんだけどさ、いちばん重要なことは『ところで、そもそもローンを組める人なのか』ということ。

そっちの方がはるかに重要。

 

銀行の審査がOKにならなければ話にもならないんだ。

 

キャッシュでポンっと高額な不動産を購入できるような自己資金を持ってる人なら話は別だけど、そんなヒトほとんどいないよね、、、

だからどうしても銀行のお金を借りて物件を取得しなきゃならない。

 

でも銀行がお金を貸してくれなきゃ話にならない。

 

事前に銀行に相談して感触を掴んでおこう。

不動産会社に行く前に事前審査である程度、好感触をつかんでおけばハラハラする必要もないし、売買の営業担当も本気になるよ!