サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資で成功する人は「きちんと待つ」ということができる人

不動産投資において大事なことは「待つ」ことと、「休む」ことってすごく大事なことだと思う。

もちろん「攻める」ことも大事だよ。

 

でも市場というのは常に波のように動くもの。

不動産価格が高いときもあれば、低いときもある。

 

『毎年、物件をガンガン買い増していきたい!』という気持ちはわかる。

でも、不動産価格が高いときに動いて、利回りの低いもの取得してしまい、後々苦労する・・・・・なんてことになったら大変だ!

 

それに、いい物件というのはそんなにそんなに出てこないんだ。

ダイヤモンドが簡単に見つかったら誰も苦労しないよね。

 

銀行の方だって、いつもいつも借金のお願いに来られたって困るよ・・・

 

融資には必ず『枠』というものがあるんだ。

いつでもかつでもATMのように自由自在にお金を借してくれるわけじゃない。

 

そもそも売りに出る不動産の中でも『投資用の不動産』というのは絶対数が少ないんだ。

ただでさえも少ないのに、その中から優良物件となるとホントに少ない。

 

しかも優良物件はみんな狙っている。

いい物件の所有者になるチャンスを伺ってる大家さんは、ズラッと列を成して並んでるような状態なんだ。

 

「優良物件がない・・・」と文句ばかり言ってる人がいるけど、それは当たり前だよ。

一歩引いて考えたらわかるよ。

 

そんなにいい物件だったら、なぜわざわざ手放す必要がある?

いい物件だったら、手放さないでしょ、普通。

 

よっぽど何らかの事業がなければ、いい物件だったら持っておきたいと思うでしょ・・・

だから、世に出てくる物件というのは「それなりの物件である」ということをあらかじめ理解しておく必要がある。

 

バフェットは待てる人だった。 

その代わりバフェットは、ガンガン行くべき時は誰よりもガンガン行った。

 

この姿勢って不動産投資においても大事だと思う。

 

機が熟すのを待てる男になろう。

僕はどんな投資でも立て続けに投資していい時期と、休まなきゃいけない時期があると思ってるよ。