サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産賃貸業は意外と「ヒト」がからむビジネス。それだけにコミュニケーション能力が試される!

アパート経営はいろんな人やモノの力を借りることによって成り立っている稼業だよね。

「大家さんは孤独だ」という人いるけど、僕は違うと思っている。

 

大家さん業は自分以外の人やモノを自分のために働かせることができる、極めて珍しいビジネスだと思っている。

 

・収益物件
・物件を紹介してくれる不動産会社
・お金を貸してくれる銀行
・物件を管理してくれる管理会社
・家賃を払ってくれる入居者
・内装業者
・税理士
etc…

 

 

みんな僕のために一生懸命、働いてくれるありがたい存在なんだよね。

 

たとえば1億円の物件があったとしたら、そのうち『僕個人』が用意したお金なんて微々たるものだよ。

その1億円の95%くらいは銀行が用意してくれたお金だ。

 

その「人が用意したおカネ」で僕は不動産のオーナーになれる。

さらにそこから家賃収入まで得られる。

 

こんな夢のようなビジネスが他にあるだろうか?

だから僕みたいなおカネのない、もともと家がお金持ちでもない人間でもできるんだよね。笑

 

f:id:orange345:20190828082940j:plain

 

出典:レバレッジ効果は諸刃の剣 〜フルローン信者が突き進む破滅への道〜

 

 

アパートの大家さんはほとんど何もしなくてもいい。

そんな職業、他にあるだろうか。

 

わずらわしいことは、僕以外の人やモノがやってくれる。

僕は彼らが僕のために働いてくれる様子を遠くから眺め、ときどき意思決定をするだけでいい。

 

自主管理をしている大家さんも中にはいるが、僕はそういう選択はしない。

僕はすべての物件で不動産管理会社と管理契約を結び、彼らに管理を任せている。

 

そうすることによって僕には圧倒的な自由が約束される。

 

僕は自由になりたくてこの道に入ったんだよね。

自由な時間を得る代わりに僕は大きなリスクを背負っているんだ。

 

自分でアパートを管理し、入居者とモメたり、クレームを受けたりするようになると、何のために大きなリスクを背負っているのかわからなくなってしまう・・・

 

多少の管理料を払ったとしても、僕は自主管理という選択はしたくないんだ。

 

f:id:orange345:20190828083118g:plain

出典:賃貸契約で知りたい「大家」「管理会社」「仲介会社」役割と関係は? | 住まいのお役立ち情報【LIFULL HOME'S】

 

 

頭のいい人たちの最大の問題は、その『頭の良さ』だと僕は思っている。

なぜ、頭がいいのに問題なのか?

 

それは、その頭の良さゆえに『自分』というソリューションを使うしかなくなってしまうから。

あまりにも優秀なので、人に任せるということができないんだ。

 

優秀な人は「自分が優秀である」ということを誰よりもよく知っている。

だから、誰かに頼ったり、他の人のパワーを使うという選択肢を取れないことが多いんだ。

 

頭のいい人たちというのは勉強熱心だし、何でも自分一人でやろうとする。

その結果、考えて考えて考えて・・・・・行動ができない!というパターンに陥る人が多い。

 

そのことによって可能性の扉を閉ざしてしまうのんだよね。

その膨大な知識が足を引っぱるんだ。

行動よりも『理屈』の方が先行してしまって、結局チャレンジすることができないんだよね

 

 

不動産投資のおもしろいところでもあり、また(人によっては)すごくむずかしいところでもあるのが『人が絡む』という部分。

パソコンの前に座ってカチッとクリックすれば資産を手に入れられるものじゃないんだ、不動産投資は。

 

 

売主さんも、ヒト

売買の担当者も、ヒト

入居者も、ヒト

銀行の融資担当者も、ヒト

賃貸の営業マンんも、ヒト

管理会社の担当者も、ヒト

etc・・・

 

 

優良な物件情報を得るためには優良な不動産業者と『仲良く』しなければいけないんだ。

世に出ないクローズドな案件の情報をゲットするためには不動産会社の社長とも深く付き合っていかなければならない。

 

物件を紹介してくれる不動産業者の担当者とモメ事を起こしたり、仲介手数料をケチったりするのなんて言語道断!

意外と不動産の世界というのは横のつながりもあって、悪い噂はすぐに広まってゆくからね・・・

 

『ケチで金持ちになった人はいない』と肝に命じておこう。

だから手数料は気持ちよく、満額払うようにしよう。

 

僕は不動産業者の側にいたけど、不動産の仕事というのは想像以上にハードなんだ。

売買の営業マンも、賃貸の営業マンも、みんなノルマに追われて、ただでさえも忙しい。

 

そんな中、手数料はケチる、めんどくさいことを言う、平気でモメ事を起こす、融通が利かない・・・・っていう大家さんがいたら、どう思うだろう?

僕も不動産会社に勤めていたけど、そういう大家さん、いっぱいいたよ。

 

そういう人には二度と優良物件情報を教えようとは思わないよね。

そんなめんどくさく、気持ちよく取引ができないような人にわざわざ物件を紹介しなくたって、他にいっぱい紹介できる人がいるんだから。

 

いい物件の数が限られている。

それに比べて、「いい物件が欲しい!」という需要の方が圧倒的に多いんだ。

 

これは賃貸営業の現場でも同じだよ。

ちょっとしたことですぐ怒るようなオーナーの物件に部屋探ししてる人を案内したいと思う?

僕なら思わないな。

 

なぜなら、入居させたあと、モメたくないからね。

嫌な思いをしたくないからね。

だから必然的にめんどくさい大家さんの物件をお客さんに紹介しなくなる。

 

そうすると、そういう大家さんの物件の入居率は悪くなってゆく…

 

逆の立場になってみればわかるよね。

ケチで、ムカつくような人と次も取引したいと思う?という話。