サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

あなたは真面目なタイプ? それとも天然なタイプ?

世の中の人ってだいたい次の2種類に分かれるよね。

 

 

① 真面目なタイプ

 

② 天然なタイプ

 

 

僕は完全に②のタイプだな。

 

 

結構、経営者とか芸術家とかに多いタイプだと思う。

①のタイプは公務員とか真面目なリーマンが多いと思う。

 

そして、しばしばこの2つはぶつかるんだよね。

でも、どっちも必要。

 

カタブツの公務員的な人ばっかりの世の中も問題だよ。

無茶するヤツ、はみ出すヤツがいるからこそ「成長」とか「新しい風」みたいなものが生まれるんであってさ。

 

一方において、アウトサイダーばっかりになっても困る。

秩序も無秩序、どっちも必要だよね。

 

どっちが欠けても社会はおかしくなる。

 

割と何でもテキパキ出来ちゃう人っているよね。

会社にもそういう人結構いたなあ。

真面目で頭が切れて、みんなから信頼されるタイプね。

 

人事担当者が求める人材でやつにぴったり合致するようなタイプ。

 

それに対して天然キャラの人っていうのはどっちかって言うと人事担当者が嫌うようなタイプかもしれない。

不真面目ってわけじゃないんだけれど、どこか抜けていてボケをかますみたいなタイプ。

 

だけどねそういう天然タイプの人に限って大化けしたりするんだよね。

 

「空気が読めるタイプ」と「空気が読めないタイプ」という分け方もできるかもしれない。

「周りが見れるタイプ」と「周りが見れないタイプ」という言い方でもいいかもしれない。

 

とにかく真面目な人と天然な人というのは水と油の関係。

 

だけど真面目な人って周りが見えているという言い方もできるけれど、ある意味においては狭い視野でしか物事が見れていないという危険性もはらんでいる。

どういうことかと言うと、社内で評価が高い真面目な人というのはその会社の中のことだけに目が光らせているということ。

 

たとえば職場の中でリーダーシップを発揮している人というのは、『職場』という小さな世界のことしか目に入っていない。

だけど天然キャラの人は、ちゃらんぽらんに見えるかもしれないけれど、その会社以外のこと(たとえば、映画だとか音楽だとかファッションだとかスポーツだとか…)、そういったことにも目を向く!

 

悪い言い方をすれば注意力散漫ということになるんだけれど、良い言い方をすればそれは『社内に新しい風を送り込み、可能性を広げる』という言い方もできるよね。

 

ましてや今のようなご時世になってきたら、過去と同じことを真面目に繰り返していればうまくいくわけじゃない。

次から次へと新しい発想を持ち込んで、新商品なり新サービスなりを開発していかなければいけない。

 

だから意外に経営者には空気が読めない天然キャラタイプの人が多いんだよね。

質実剛健・終始一貫・真面目なサラリーマン・タイプの人は、あんまり経営者にはならない。

いや、なれない。

 

経営者の片腕としてきっちり仕事をこなすことはできるけれどね…

 

世間一般で頭のいい人って言われるタイプの人は、僕がここで言っている真面目なタイプということになると思う。

それに対して、僕がここで言っている天然キャラの人というのは、世間一般的には「おまぬけさん」と言うレッテルを貼られることが多いと思う。

だけど世界の偉人なんかを見ていると結構こういう「おまぬけさん」がすごいことを成し遂げたりしてるんよね。

 

例えばエジソンやアインシュタインなど。

決して真面目な優等生キャラじゃなかったよね。

だけどもすごいことを成し遂げた。

スティーブ・ジョブズなんかも完全にそういうタイプだね。

 

だから、これはもう世の中には二種類の人間がいるんだと思って諦めるしかないんじゃないかな。

真面目な人は天然キャラの人を嫌がるし、天然キャラの人は真面目な人を煙たがる。

これはもう諦めるしかないよ。

 

どっちがいいとか、どっちが悪いとかの問題じゃない。

どっちが優れていて、どっちが劣っているという問題でもない。

社会にはどっちも必要だし、どっちかが欠けてもおかしくなっちゃう。

 

会社の中にもこの2種類の人間が同居しているからうまく回っていくんだよ。

だから、「あいつは調子がいいやつだ」とか、「あいつは仕事もしないのに俺よりも出世しやがって」とか、「あいつは上司から可愛がられているだけだ」とか、そんなことばかり言ってないでさ。

 

「そうか、あいつも必要な人間なんだなあ」というふうに、もっとおおらかな目で見た方がいいと思うよ。

秩序ばっかりの会社はきっとうまくいかないと思う。

無秩序があるからこそ秩序がキープされるんだよ。

 

難しい言葉で言うと、『エントロピーの法則』ってやつなんだけどね。

 

ただ世の中的には、あまりにも「真面目な人の方がいい」という価値観が横行しているから、天然キャラの人はなかなか居場所を発見できず悩んでいる人も多いと思う。

僕も散々悩んできたからね。

 

だから本当は天然なのに天然じゃないふりをしてみたりしちゃう。

真面目でキチッとというのが本当は苦手なのに、無理して真面目でキチッとキャラを演じてみたりね・・・

 

だけど所詮はそれは演技でしかないし、メッキはいつか剥がれるんだ。

だんだんそれを演じているうちに苦しくなっていくしね。

 

もしかしたら人から真面目だと言われている人って、本当は天然タイプの人なのかもしれないよ。

そういう天然タイプの自分が嫌で、あるいは親から強制的に強制されて、真面目なキャラを演じているだけなのかもしれない。

 

だから悩んでいるのかもしれない。

だから苦しくてしょうがないのかもしれない。

 

 

こんなに真面目にやってるのにどうして幸せになれないんだろう

 

こんなに真面目にやってるのにどうしてあんなちゃらんぽらんなあいつばかりちやほやされるんだろう

 

 

そんなふうに思ってませんか?

それはもしかしたら本当の自分が潜在意識の中から叫んでいるだけなのかもしれない。

 

 

本当の自分はそんなんじゃないぞ

本当はお前も天然なんだぞ

むかつくあいつはもう一人の自分なんだぞ

自分の投影なんだぞ

その自分の投影を見てムカついてるだけなんだぞ

 

 

・・・・って。

 

僕は38歳の時に脱サラ起業したんだけれど、それまでは社内では真面目なキャラとして通っていたんだよね。

だけど苦しくて苦しくて本当はそんな自分が嫌で嫌で仕方なかった。

 

もっと自由に、もっとわがままに、もっと楽しく人生を謳歌したいと思った。

だけど真面目キャラで通っていたために、ずっとそれを言い出せなかった。

自分の本音で生きられなかった。

 

でもこれじゃいけないと思ってやめたんだ。

何もかも放り投げて新しい世界へ飛び込んだ。

 

もちろん怖かったし、リスクもいっぱい背負ったけれど、結果的にはその決断は正しかったよ。

そのおかげで僕は救われた!

 

僕は結局、天然キャラ・タイプだったんだよ。

それを真面目なキャラというメッキを塗って、自分をごまかしていたんだ。

 

本当は自由奔放で、ちゃらんぽらんで、空気の読めない天然なヤツだったんだよ。

あれから10年近く経って僕はそのことにようやく気がついた。

 

皆さんはどうだろう?

自分をごまかしていないだろうか??