サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

レバレッジには「いいレバレッジ」と、「悪いレバレッジ」がある。

 

 

 

不動産投資の場合、銀行のお金というレバレッジを利用することができる。

はっきり言って、これこそが不動産投資というものが持っている底知れぬパワーを引き出してくれるものだよ。

 

エジソンや松下幸之助さんといった商売をやってる人たちも、銀行のお金というレバレッジを利用して大きくなっていった。

どちらも『事業』という点で共通しているよね。

 

不動産投資も立派な事業だ。

不動産賃貸業という立派な事業なんだよ。

 

不動産投資家や事業家はいざ!ということが起きても、いろいろな手立てを講じることができる。

 

例えば、僕ら大家さんは部屋をリフォームしたり、家賃を下げたり、ペット可にして募集してみたり、ウォシュレットやエアコンといった新しい設備を設置してみたり・・・・・といった具合にいろいろな手立てがある。

 

ジェフ・ベゾスや孫正義さんたちも何かが突発的なことが起こったときでも、会社を守るためにリストラをしてみたり、会社の資産を売却してみたり・・・・・といった具合にいろいろな手立てがある。

 

自分でいくらでもコントロールすることができるんだ。

僕はそういう自分でコントロールできるものなら、レバレッジを利用してもいいと思ってる。

 

f:id:orange345:20190825102142j:plain

 

出典:レバレッジ効果とは|はじめての不動産投資講座:みずほ不動産販売

 

 

「借金は良くない」と言われるけれども、その恐怖は『自分の手でコントロールできる』というアドバンテージさえあれば相殺される!

 

レバレッジという言葉はすっかり悪魔の言葉のように使われているけど、僕はレバレッジには「いいレバレッジ」と「悪いレバレッジ」の2種類があると思ってるよ。

「いいレバレッジ」を上手に使うことができれば、誰よりも早く目標に到達することができ、非常に大きな利益を獲得することもできる。

 

その代わり、もしも「悪いレバレッジ」に手を出してしまったら、地獄の門をノックすることになる・・・

だから、もしも本当に大きく飛躍したいという夢を抱いているのならば、何らかのかたちでこの「いいレバレッジ」というものを利用しなければならないんだ。

 

繰り返しになるけど、「いいレバレッジ」には、『自分でコントロールできること』という条件がつく。

もしもその条件がついていないのだとしたら、それは「悪いレバレッジ」だ。

やるべきではない!

 

今、巷で大流行りの投資法の最大の問題点は、この「いいレバレッジ」というものを使うことができないことだよね。

嘘じゃないよ。

 

僕の言ってることが嘘だと思うなら、今度、銀行の融資担当者のもとをおとずれてみてほしい。

そして、「投資信託を購入するための資金として3,000万円を貸してください」と言ってみてほしい。

そうすれば僕が何を言っているのか理解できると思う。

 

もちろん、紙の資産にも『信用取引』というものがある。

ほとんどの人はこれがレバレッジだと思っている。

多くの人が「レバレッジ」という言葉を使うとき、そのほとんどがこの信用取引のことを指している。

 

でも僕が言ってる「悪いレバレッジ」とは、この信用取引のことを指しているんだ。

 

f:id:orange345:20190825102024j:plain

 

出典:信用取引が「危険」と言われる理由│信用取引 気になるポイント│SMBC日興証券

 

このレバレッジは本田宗一郎さんやビル・ゲイツが事業をはじめるときに使ったレバレッジとは違うレバレッジだ。

僕の知ってるアパート経営の成功者たちが利用したレバレッジとは違うレバレッジだ。

 

紙の資産における信用取引にはコントロールが効かない。

自分の知恵や工夫で株価や基準価額を上げることもできない。

 

もしも市場が暴落したら最後、そういう「悪いレバレッジ」は指をくわえて見ていることしかできないよね。

このようなレバレッジは危険なレバレッジだ。

「悪いレバレッジ」だ。

 

今、巷で大流行りしているこのような投資法には、レバレッジは使わない方がいいと僕は思う。

レバレッジを使いたいのならば、不動産やビジネスといった自分の知恵や工夫で結果に変化をもたらすことができるものだけに使うようにしよう。

 

コントロールできないものにレバレッジを使うのは危険すぎる。

それは手綱のない馬に乗るようなものだ。

 

これを危険と言わずして何を危険と言うのだろう・・・

馬に乗るんだったら、きっちり手綱をつけて、馬をコントロールできる状態にしてから乗るようにしよう!