サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

金融機関のお金の量を増やしてもデフレは解消しないということにいい加減気づいてほしい。

財政黒字化という呪縛のせいで金融政策だけやって財政政策は全然やらなくなった。

金融機関のお金の量を増やしてもデフレは解消しないということにいい加減気づいて!

 

 

f:id:orange345:20190825101114j:plain

 

出典:【悲報】世界各国の「成長率」ランキング、日本がダントツの最下位だったと判明して話題騒然・・・ : はちま起稿

 

 

民間企業が借り入れしないと世の中にお金がまわらなんだって。

でも需要がなく、儲からないから企業はお金を借りようとしない。

 

量的緩和政策は砂漠に水をまくようなもの。

全くインフレにならない

 

f:id:orange345:20190825101226j:plain

 

出典:【悲報】増え続ける大企業の内部留保と広がる社会格差 : 多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

 

思い切って財政出動して企業や国民に消費や投資に向かわせなきゃ!

何もしなければ企業も国民もお金を使わないよ。

政府が需要を作り出さなければ。

 

なぜ企業は金融機関からお金を借りず、せっせと貯金ばかりしているのか?

それは「怖くてお金を使えない=勝負できない」ということだよ。

 

こんなに超低金利なのにお金を借りない。

すべてはデフレが原因!

 

儲からないのが目に見えているから企業も勝負できない

政府が民間の需要をつくりださなきゃ。

 

自分でやっててこんなこと言うのはヘンに聞こえるかもしれないけれど、今は不動産投資も株式投資もほとんど「儲けが出ない」季節を迎えていると思う。

理由は、デフレだから。

 

要するに経済が盛り上がっていないんだよね。

だから利回りが低い。

 

「たまたま運良くいい物件に巡り合った」というような機会に恵まれない限りは

だけどね、そういう「たまたま」ってまずないんだ。

 

なぜなら、みんな目の色を変えて「いい物件」を探しているから。

もちろん不動産会社の社長も探している。

 

ただでさえもレッド・オーシャンなのに、この低金利の影響でそれまで不動産投資に興味のなかった人まで参入してきている。

だからデフレなのに不動産価格だけが釣りあがってる。

 

f:id:orange345:20190825101430j:plain

 

出典:区分VS一棟、不動産投資の比較ポイント(2ページ目)不動産投資の最新動向 - 不動産投資・収益物件ならノムコム・プロ

 

 

これじゃ、いい物件にめぐり合えない。

利回りの高い物件のオーナーになることはむずかしい。

 

こうやって『ありとあらゆることが停滞する』『八方塞がりになる』のがデフレの怖いところ。

給料も上がらない。

企業の売り上げも頭打ち。

 

そうすると、当然世の中にお金がまわらない。

世の中にお金がまわらないと、利回りも生まれない。

だから手が出せない。

いい投資先が見つからない。

 

悪循環

 

内部留保がいくら増えても日本経済自体が衰退していったら何の意味もないよね。