サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

お金を嫌う人のところにお金が集まらない法則

多くの人は程度の差こそあれ、なんらかのお金の問題を抱えている。

毎日耳にする嫌なニュースの背景に横たわっているのもお金の問題だったりすることが多い。

 

でも、お金それ自体は何も悪くないよね。

悪いのは、そのお金を上手に取り扱うことができなかった人間の方だよね。

 

それなのに、なかにはお金が悪いかのように言う人がいる。

もっとヒドイ人になると、「お金の悪口」を言い出す人もいる。

 

これは賭けてもいい。

お金のことを悪く言う人の元にはお金は絶対に集まってこない。

 

みなさんのまわりにいるお金に苦労している人のことを思い浮かべてみてほしい。

どこかでお金というものを嫌っていないだろうか?

お金のことやお金持ちの人のことを悪く言ったりしていないだろうか?

 

そういう人の元にはお金は絶対に近寄ろうとしないんだよね。

 

自分のことを粗末に扱うようなヒトのところに誰もわざわざ近づいていかないでしょ?

これはお金に限った話ではないよね・・・

 

お金は自分のことを大切に扱ってくれて、取り扱いがうまく人のところに近づいてゆく習性がある。

だからお金が入ってきたらすぐ散財しちゃうような人はいずれ必ずお金に去られる運命にあるんだ。

 

みなさんがもしもお金持ちになりたいのならば、お金の扱いにうまくならなければならない。

 

僕は勉強も落ちこぼれだったし、社会人になってからも特に優秀なビジネス・パーソンというわけでもなかったよ。

でも誰よりもお金を大切に扱ってきた。

 

いつも「どうやったらお金を生み出せるだろう」ということを考えてきた。

もしもお金の神様のような存在がいるのなら、きっと僕のそういった熱心さを見ていてくれていたのだと思う。

 

「おっ、アイツならお金を大切に扱ってくれそうだぞ!」といった具合に・・・

 

僕は特に何の才能もない人間だけれど、唯一、才能らしきものがあるとしたら、そういった『お金を大切にしよう』という気持ちだけ。

 

別に億万長者というわけではないけれど、少なくとも脱サラ起業できるだけの経済的自由を手に入れることはできた。

もしも僕がお金を大切にしようという気持ちがゼロだったら、お金の取り扱いも下手くそなままだったと思う。

 

おそらく、脱サラ起業なんて実現できていなかったはずだよ。

 

もしもみなさんがお金の問題を「なんとかしたい」と考えていらっしゃるのだとしたら、まずはお金のことをトコトン好きになってみることをオススメする。

そして、誰よりもお金の取り扱いを上手になってみよう!

 

そうすればきっと、こちらが何もしなくても向こうから勝手に来てくれるはずだよ。