サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

あなたはまわりから変わり者扱いされても自分の信念を貫けますか?

ビジネスや投資一本でメシを食うってことは、「孤独になる」ってことでもあるんだよね。

とても孤独だし、常に危険と隣り合わせ。

 

サラリーマンじゃないからね。

黙って大人しく真面目に仕事をしていれば、25日になれば給料が振り込まれる世界で生きていないからね。

 

これは会社の規模は関係ない。

東証一部上場の社長も、中小零細企業の社長も根本的な部分ではみんな同じ。

 

みんな孤独だよ・・・

 

僕たちはサラリーマンではない。

ウダウダ文句を言いつつも、とりあえず勤めてさえいればなんとか生きてゆくことができる世界の住人ではないんだよ。

 

いくら文句を言っても、泣き叫んでも、空からお金が降ってくるわけじゃないんだ。

誰も助けてくれない。

誰にも頼れない。

 

もしも事業や投資に失敗でもしたら、そのすべての責任を負うのは自分。

しかも多額の借金を背負い、個人保証までしていた場合は、逃げるわけにもいかない。

 

それはよくよく考えてみたら、とても恐ろしいことだよね。

 

経営者になりたいという人はこの孤独に耐えられるメンタルが必要なんだよ。

はっきり言って、生半可な覚悟ではできないよ。

 

僕が背負ってる借金の額はとてもじゃないけど僕がサラリーマンをやって働いて返せる額じゃないよ。

それだけの負債を背負って、平気な顔をして暮らしていける人でなければ経営者になってはいけない。

 

命がけだよ・・・

 

僕は脱サラ起業するとき、まわりの人たちから散々「バカだ」「マヌケだ」と言われた。

それでも、その反対を押し切って前に進んだ。

 

そのおかげで僕はすっかり変わり者扱いをされるようになってしまった。笑

 

ここは日本なのだ。

 

輪をもって貴しとなす

出る杭は打たれる

向こう三軒両隣

 

 

そんな同調圧力が支配してる国なのだ。

 

そんな空気に逆らって、果たしてみなさんは自分独自の道を突き進んでゆくことができる??

 

おかげさまで、なんとか僕はアパート経営を軌道に乗せることができた。

でも、それは決してラクな道のりではなかったよ。

不安だったし、何よりも孤独だった。

 

これから「経営者になりたい」と考えてる人は、まわりから『変人扱い』されることを恐れてはいけない。

その勇気と決断力を持っているかどうかが経営者にいちばん求められる資質なのだと僕は思う。