サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

成功するためには人生のどこかで「大きな決断」ってやつをしなければいけないという話

経営者や事業家になりたい、あるいは投資でメシを食っていきたいと考えてる人は『勇気』を持たなければいけないよね。

人と違う道に進むことができる勇気を持たなければいけないんだ。

 

「何を当たり前のことを言っているんだ!」とお叱りを受けそうだけど、これは意外に見落とされがちな部分だ。

そして、これこそがもっとも重要なところでもあり、もっともむずかしいことでもある。

 

人間は弱い生きものだからね。

 

ましてや多額のお金がからむとなると、大抵の人は足がすくむ。

なおさら勇気を振りしぼって一歩前へ足を踏み出すことをためらってしまう。

 

多くの人はふっと自分の中にある弱い心に負けてしまうんだ・・・

 

 

そうだよな、オレがそんな大それたことなんかできるわけないよな

子どもみたいにいつまでも夢なんか見てちゃいけないよな

危険な賭けに出て失敗でもしたら、大変なことになっちゃうしな

 

 

そうやって人は勇気を持って決断することを避けるようになってゆくんだよね。

 

 

でも、考えてみてほしい。

スティーブ・ジョブズにしろ、松下幸之助さんにしろ、トーマス・エジソンにしろ、孫正義さんにしろ、etc・・・

 

彼らはどこかで決断した人たちだ。

勇気を持って。

だから経営者や事業家になれた。

 

『投資の神様』と呼ばれるウォーレン・バフェットはいったいいくらの大金を株式投資につぎ込んだだろう。

それはもう目ん玉が飛び出るくらいの金額。

 

でも、彼はそれをやったんだよね。

それはものすごい恐怖だったと思う。

 

僕も事業家の端くれだけど、僕も「僕なりの大きな決断」というものをしたつもり。

38歳の頃の話だよ。

 

それまでのサラリーマンとしてのキャリアを全部捨てて、脱サラ起業したのだ。

それがどんなに恐ろしいことで、どんなに危険なことだったか想像してみてほしい。

 

それでも僕は前に進んだのである。

勇気を持って!

 

そしたら人生が動いた。

以前よりも自由に、以前よりも幸福になれた。

そして言うまでもなく、以前よりも豊かにもなれた。