サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

ひとつのことだけにこだわり過ぎない方がいいこれだけの理由

「これしかない!」と思うことには十分すぎるほど注意した方がいいよね。

それは恋愛、仕事、投資、人間関係、趣味、価値観、etc・・・・あらゆることに当てはまること。

 

 

「この人しかいない」

「この仕事こそが正しいんだ」

「これをやってるからオレは大丈夫だ」

 

そう思いはじめたら、危険信号だよ!

 

僕たちは常に変化している。

新しいものを取り入れ、古いものを捨てて生きてる。

新陳代謝こそが自然なことだと僕は思っている。

 

それなのに『ひとつのこと』にこだわり、「それこそが」とか「それしか」と思うことはきわめて不自然なこと。

 

ちなみに他の情報を一切遮断して、「ひとつのことだけ」に集中させる手法って『洗脳』でよく使われる手口だよ・・・

 

宗教にしろ、政治にしろ、誰かをマインド・コントロールしようとする人は、いったん相手の頭を真っ白にする。

そこへ『あるひとつ教え(考え)』を植付けてゆくんだ。

 

そのためにはその人を「これしかないんだ!」という視野狭窄におとしいれる必要がある。

だから十分に注意しなきゃいけないんだ。

 

日本人は『終始一貫』という言葉が好きだよね。

「ひとつのことを最後までやり遂げる」ということを異常なくらいに重視するところがある。

 

そのやり方でうまくいくこともあるだろう。

だけど、たいがいどこかでそのやり方は行き詰る・・・

 

典型的な例が太平洋戦争に突っ込んでいったときの日本だよ。

あのとき、日本じゅうが「ひとつのこと」に向かって突き進んでいった。

その結果、あんな悲惨な結末を迎えることになってしまった。

 

世界を違った角度から眺めてみることってすごく重要なことだよね。

 

映画『いまを生きる』でも、キーティング先生は机の上に登って、生徒たちに「普段とは違う角度から世界を見ること」の重要性を説いている。

その視点はすごく重要なことだと僕は思う。

 

いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目につとめあげることは素晴らしいことだと思うよ。

でも、人生はそれだけじゃない。

 

そこから見える世界だけが世界じゃない。

ちょっとだけ視点を変えてみれば、そこにはまったく違う光景が広がってるはずなんだ。

 

だけど、多くの人はその違った光景を目にすることなく年老いていき、やがて死を迎えることになる。

実にもったいない話だと思わないかい?

 

サラリーマンだけが仕事じゃないし、株式投資だけが投資じゃない。

選択肢は無数にあるんだ。

 

「ひとつのこと」にこだわりすぎると他のことが目に入らなくなっちゃうよ!

 

 

www.lifehacker.jp

 

 

thinking.shiawasehp.net