サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『紙の月』を観て思ったこと

 

紙の月

紙の月

 
紙の月 Blu-ray スタンダード・エディション

紙の月 Blu-ray スタンダード・エディション

 

 

 

あの『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督作品。

 

僕がとくにグッときたのは最後の小林聡美とのシーン。

犯罪を犯して道を外れちゃった彼女に対して「やりたいことやったんでしょ。ずっと我慢してやりたいこともやらずに生きてる私よりずっとマシじゃない」というところ。

 

『桐島』も『クヒオ大佐』もそうだったけど吉田監督はいつもクライマックスに「大多数の人が正しいと信じてることだからといって本当にそれが正しいわけじゃない」というコペルニクス的転回を必ず用意している。

 

物事を違った角度から見る視点ってすごく大事だよね。