サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

学生時代、勉強ができなかったからといってそれで人生の負け組になるわけじゃない。

本当の勉強というのは社会に出てからはじまると僕は思っているよ。

 

不動産のこと、税金のこと、会社のこと、お金のこと、経済のこと、投資のこと、ビジネスのこと、社会人としてのマナー、etc、、、、

学校で学んだことよりも、社会に出てから学んだことのほうが僕の人生にとって間違いないなく役に立っている。

 

どれもこれも学校では教えてくれないことばかりだ。

でも、その学校では教えてくれない「学び」がいちばん重要なんだよね。

 

僕は学校時代は落ちこぼれで、勉強にも身が入らなかったけど、社会に出てからはちょっと違ったね。 

社会に出てから僕は勉強することがが好きになった。

 

だから、いっぱい本を読んだよ。 

 

ワクワクでいっぱいだった。

無我夢中で「この世の中がどうなっているのか?」ということを探求していった。

 

今にして思えば、それが功を奏した。

それが今につながっている。

 

僕は今、「勉強ができない・・・」ということで悩んでいる若い人たちに言いたい。

 

 

学生時代、勉強ができなかったからといってそれで人生の負け組になるわけじゃない。

 

本当の勝負は社会に出てからはじまる。

 

 

ということをぜひ伝えたい。

 

ところが日本はいまだに学歴社会だ。

いまだに『成功者になるためには高い学歴が必要だ』という旧態依然とした考えに縛られてる、、、、

 

いやむしろ、僕の目には以前よりもそのような考えをする人は増えてきているような気さえする。

 

もしも学歴が高い人から順に商売がうまくいくというのならば、行列のできるラーメン屋の店主は高学歴じゃなきゃおかしいよね。

 

でも、商売の世界はそのようなことにはなってない! 

残念ながら、東京大学を出たヤツつくるラーメンの方が札幌大学を出たヤツがつくるよりもうまい!ということにはならないんだよ。

 

まあ、よく考えたら当たり前の話なんだけどね。

この当たり前の話が理解できてない人がたくさんにいるんだ。

 

でも、逆に言えばそうやって勘違いしてくれてる人が多ければ多いほど助かるのかもしれない。

レッド・オーシャンにならないで済むのかもしれない。

 

彼らが血眼になって学歴とか資格とかといったものを追い求めてくれるおかげで助かってる部分はたくさんある。

競争率が低下し、ライバルが減って・・・

 

彼らが自分たちの過ちに気づいて、こちらに参入してきたら、それはそれで困った事になるね。笑

 

僕はものすごく勉強ができなかったんです。

笑っちゃうくらいに。

いわゆる「落ちこぼれ」ってやつですね。

  

そのことで僕はものすごく苦労しました。

 

司馬遼太郎もそんなようなことを言っていたと思うんだけど、日本は今も昔も「学歴社会」ですよ。

やっぱり勉強ができたヤツや、資格試験か何かに合格できたヤツから順に「いい想い」ができるシステムになっている。

 

そいつがどんなに能力のないヤツであっても、そいつがどんなに人間的に問題のあるヤツであっても「勉強ができる」という一点だけで全部チャラになっちゃうところがある。

それを良しとする人も中にはいるけど、僕はそういう社会ってすごく怖い社会だと思う。

滑稽でもあります。

 

動物の世界には勉強なんてありません。

「学力」なんて人間に備わった能力のほんの一部分でしかない。

それなのに、その一部分が秀でてるヤツだけが就職にしても、結婚にしても、お金の面でもいい想いができる。

 

それってすごく恐ろしいことだと僕は思うのです。