サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

失敗した経験は問題解決能力をUPさせ、人生をより良いものにしてくれる!

人生は学びつづけた人だけが勝利をおさめると僕は思ってる。

もちろん、ここで僕が言ってる学びとは『学力』のことじゃないよ。

 

学力よりもはるかに重要な学びだ。

それは社会に出てから本当の意味で僕たちを助けてくれる、学びだ。

 

いちばんいいのは失敗すること!

失敗すればいろんなことを学べるよ。

 

失敗するためには冒険しなければならない。

三振することによってはじめて気づくこともあるよね。

 

安全第一に正しいことだけ選び、間違わないようにしていれば手痛い失敗は避けられるかもしれない。

でもそれでは経験値も上がらず、いざ問題に直面した時にもうまくそれに対応できない。

 

『問題解決能力がない人』というのはどんなに真面目な人であっても、相当危ない人だと僕は思う。

 

失敗した経験は問題解決能力をUPさせる。

それは人生という厳しい戦場を生き抜くために非常に重要な戦闘能力になる。

そう思いません?

 

人生は予測不可能。

だから可能性に満ち溢れている!

 

「そんなことしたら〇〇になっちゃうよ~」

「そんなこと言ったら、みんなから〇〇って言われちゃうよ~」

 

親切心でそのようなことを言うならまだいいんだけど、たまに本気でそのように言ってくる人がいて困る。

『その人の正義』を押し付けてくる人・・・

最近、すごく増えてきたと思いませんか?

 

でもなぜその人がそんなことを言うのかというと、その人が受けた『過去のトラウマ』が原因だったりする。

人は自分が過去に受けた傷や、自分の中にあるダークな部分を見たくない。

 

だからそれを体現するような人が目の前にあらわれると、途端に拒否反応を示す。

 

失敗するかどうかはやってみなければわからないのに、やる前から「そんなことしたら大変なことになるよ」というのは口うるさい親と同じ。

 

何かに挑戦しようとする人の足を引っ張ろうとする人がいる。

そういう人に出会ったら、『それはその人の問題。私の問題ではない』と自分に言い聞かせよう。

 

本当にそうなのだ。

それはその人の問題であって、僕の問題ではないのだ。

 

その人が失敗したからといって僕が失敗するとは限らない。

その人とまったく同じことをやったからって、あなたが失敗するとも限らない。

 

人生はだからおもしろいんだよね! 

この予測不可能なところがいろんな可能性を生み出してくれるんだよ。

 

僕は自分の子供のやることには極力口を出さないようにしている。

放っておくのではなく、見守る。

 

彼がやることにあれこれ口を出するのは、彼の人生を奪うことになる。

自分の人生を生きられないことほどツライことはないからね。

 

親だろうが誰だろうが、与えられたレールの上をただ歩いてゆくだけの人生なんてまっぴらごめんだ。

僕もそういう人生は歩きたくはないし、自分の子供にも歩かせたくない。

 

だから、たとえ失敗したとしても、僕は自分たちの子どもが選ぶことにあれこれ口出しをしない。

 

失敗しようが成功しようが、それは彼の人生なのだ。

僕の人生ではない。

 

それに彼らなら絶対にうまくいくと僕は信じているよ!