サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

日銀がいくら量的緩和をやっても実体経済は良くならないし、インフレにもならない理由

日銀が一生懸命やってる量的緩和政策ではデフレは脱却できないよね。

いくらマネタリーベースを増やしたって、融資額が増えていかないんだから。

 

 

f:id:orange345:20190820080931j:plain

なぜ融資額が増えないのかというと、企業側も「デフレで何をやっても儲からない」と思ってるから。

 

まさに悪循環

 

「量的緩和をやればインフレ目標2%は達成できる」って話だったけど、ふたを開けてみたら全然ダメだった。

 

f:id:orange345:20190820081421p:plain

 

出典:日本のインフレ率の推移(1980~2019年) - 世界経済のネタ帳

 

 

日銀がETFを購入してもマネタリーベースが増えるけど、こういう質的緩和をやっても株価を釣り上げるだけでインフレにはならない。

インフレにするためには世の中に出回るお金の量を増やさなきゃ・・・

 

本来の銀行業務とはお金を貸して、その利ざやで儲けるもの。

ところがデフレだから借り手もいないし、キケンなところに貸して不良債権になるのもイヤだから、銀行の方も積極的に融資もできない。

 

だから量的緩和をやっても、まったく実体経済が良くないし、インフレにもならない。

 

 

政府がもっと本気になってデフレ脱却を目指さなきゃ。

バンバン国債を発行して民間の需要を掘り起こし、活気溢れる世の中にしなきゃ。

 

企業に「もっと商売がしたい!」と思わせなきゃ。

銀行もバンバン融資してさ。

 

そしてお父ちゃんの所得を増やすんだよ。

消費税増税なんかやってる場合じゃないよ。