サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を観て思ったこと

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション[AmazonDVDコレクション]
 

 

  

とにかくトム・クルーズという男のスゴさを堪能できる作品。

スタントはすべてホンモノだというから、なおさら驚く!

 

この映画を観ればトム・クルーズという人物がひとりの映画人としていかに偉大であるかがよくわかるだろう。

 

特にオープニングがすごい!

実際にトムがスタントしたオープニングの軍用機にしがみつくシーンは映画史上に残る名シーンだと思う。

 

メーキングを見ると本当にCGもスタントもなしに撮影していることがわかる。

しかも8回も!

2テイク目に破片が肋骨にあたり、少しズレてたら頭に貫通して死んでいたそうだ。

 

いったい何を考えているのか? 

なぜここまでやる必要があるのか? 

それがトム・クルーズという人だ。

 

涙が出てくる

 

映画としても文句なし。

見せ場に次ぐ見せ場の連続で全然、飽きない。

間違いなくシリーズ最高傑作だ。

 

でも、とにかくオープニングだ。

今まで観た映画の中でこんなにカッコよくて、こんなにスゴいのを僕は観たことがない。

 

トム・クルーズは偉大だ!