サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

消費税を上げるってことは国民の所得が減るってことだからね!

 

 

「消費税増税は社会保障のためでもなく、借金返済のためでもなく、お金持ちを優遇するためのものだった」

 

あっちゃんのこのシンプルかつ、見事な解説こそがすべての答えです。

みんな騙されていたんです。

 


【政治】消費税増税は本当に必要なのか!?〜不都合な真実編〜②

 

 

消費税増税をするってことは国民の所得が減るってことだからね。

所得が減るってことは、それは税収が減るってこと。

だから、おかしな話になるんだよ。

 

財源不足なので税収を増やすために増税をしたはずなのに、かえって税収が減ってしまうんだ

 

 

f:id:orange345:20190818104950j:plain

 

国民のフトコロが豊かになれば税収は勝手に増えてゆく。

消費税増税なんかしなくてもいい。

要するに、GDP が大きくなっていけばいいんだよ。

 

みんなが豊かになればいっぱい買い物もできるし、自然に財政も賄えるようになる。

そんな一石二鳥の選択肢が目の前にあるのに、なぜ消費税を上げるんだ?

 

f:id:orange345:20190818105028j:plain

 

 

いま、日本人がこんなにギスギスしていて、余裕がなくなっているのは政治家と官僚が金融政策(量的緩和政策)だけやって財政政策(財政支出)を渋ってるせいなんじゃないだろうか?

 

国債を新たに発行することを恐れないほうがいい。

政府の借金が膨らむってことは国民が豊かになるってことなんだから。

ぶっちゃけ日本人は

 

・小さな政府

・自己責任

・自助努力

・新自由主義

・竹中平蔵

 

って馴染まない国民性なんだと思う。

やっぱり、いい意味でも悪い意味でも、『和をもって尊しとなす』なんだと思う。

「大きな政府」の方に舵を切るべきだ。

 


【スペシャル対談】 麻生太郎元総理 三橋貴明氏

 

民主党政権のときの麻生太郎も過去動画を観ると、緊縮財政や消費税増税を批判し、「もっと政府は財政支出をするべきだ」「景気が悪いうちは消費税を上げるべきじゃない」と言っている。

 

それなのに、実際に政権に入ってゆくとコロっと考え方を変えてしまうのはなぜなんだろう?

すごく不思議だ

財務省によるレクチャー(=洗脳?)がそれほど強力なものだということなんだろうか。

 

それとも、何か弱みでも握られていて、財務省の言いなりにならざる得ないのだろうか。

 

財務省は国税庁を動かすこともできるわけだし