サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

結局、日本の税制は大金持ち優遇の税制になってるってことなんだわ。

 

 

法人税減税、所得税の1億円超えの人の税負担率の低下に加えて、レクサス減税、高級住宅減税、さらにはスポーツジム減税なんて話もある。

 

 

f:id:orange345:20190817165630j:plain

 

それなのに庶民は(可処分所得が下がってる状況なのに)消費税増税で真綿で首を絞められる

どう考えても金持ち優遇だろ。

 

誰だ?

裏で糸を引いているのは。

 

f:id:orange345:20190813081659j:plain

 

ハゲタカ外国人投資家を儲けさせるための法人税減税も問題だけど、所得税の方も問題。

 

所得税は累進課税なので、一般的には法人税よりも良心的と思われてるけど、所得が1億円を超えると税負担率はどんどん落ちてゆく。

 

なぜなら、1億円も所得がある人のほとんどが『金融資産』からの所得だから

 

 

f:id:orange345:20190817165731j:plain

 

要するに、超大金持ちは株などの金融資産をごっそり持っていて、そこから利益を得てるってこと。

 

その税負担率は1億円を超えるとどんどん下がってゆく。

しかも、分離課税!

 

この超富裕層への不平等優遇措置もヤバイよね。

これを放置したまま消費税を増税するっていうんだから、おかしな話だよね

 

f:id:orange345:20190817165815j:plain

 

株の配当や譲渡益にかかる税率はおよそ20%。

これを25%にするだけで消費税増税分の税収が見込めるらしい。

 

個人で株式投資をやってる人は損をするようにみえるかもしれない。

 

でも社会が安定すると、給料増えたりして自分にも利益が来る。

自分で株式投資をやるよりも実入りは多いかもよ。

 

 

 

ケインズはこんな言葉を残しています。

 

資本主義社会の難点は完全雇用を実現できないことと分配の不平等である。

 

 

雇用・利子および貨幣の一般理論 (まんがで読破 MD134)

雇用・利子および貨幣の一般理論 (まんがで読破 MD134)