サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「分散投資をやれば投資で大きく成功できる」というのは幻想なのではないだろうか。

 

 

たとえば最近流行りの資産運用の本やマネー雑誌なんかには『分散投資』という言葉がよく登場するよね。

でも世の中で成功している人って別に分散したから成功できたわけじゃないよね。

 

タイガー・ウッズはゴルフに集中したし、イチローは野球に集中した。

エリック・クラプトンはギターに集中したし、ウォーレン・バフェットは株式投資に集中した。

 

ところが今、分散投資という言葉が金科玉条のごとくあがめられ、分散投資さえしていれば投資で成功できると勘違いしている人も出てきている。

 

もちろん、ある程度のところまで到達できたのなら、分散もいいかもしれない。

でもそうじゃないのだとしたら、まずは突き詰めなきゃいけないんじゃないだろうか。

 

ビル・ゲイツだってマイクロソフトで世界一の金持ちになったあと、慈善事業に力を入れはじめた。

スターバックスのハワード・シュルツは今度のアメリカ大統領選への出馬が取り沙汰されているよ。

 

でも、そういった人たちはみんな自分の夢を実現したあとに別のことをやりはじめているよね。

全部、『到達点に達したあと』に何か別のことをやり始めている。

 

もう彼らは自分のお金の問題はとっくに解決している。

彼らはきっとお金のことで将来不安におちいったりはしないだろう。

 

そういう状態になってはじめて彼らは別のこと(分散)をやりはじめた。

 

でも、ぼくらはどうだろう、、、

ぼくらはまだまだお金の問題を解決できていないのではないだろうか。

 

飛行機で例えるならば、まだ離陸もしていない状態。

これから飛躍しなきゃいけない状態なんじゃないだろうか。

 

そんな状態にいるのに分散なんかしていいんだろうか。

パワーをあちこちに散らばらせて本当にいいんだろうか。

 

それでどうやって空高く舞い上がっていけるだろう??