サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

消費税を廃止してどうやって国を維持するか?について

僕は消費税を廃止したほうがいいと思ってるんだけど、そういうことを言うと必ず「財源はどうするんだ」「代替案を出せ」と言われる。

 

そこで僕の考える消費税を廃止してどうやって国を維持するかについて考えてみました。

 

その答えはこの3つ。

 

 

① 大幅な財政支出(赤字国債)

② 法人税に累進制を導入する

③ 所得税にさらに細やかな累進制を導入する

 

 

これでゆるやかなインフレになって、国民の所得がUPして、内需が喚起され、景気も良くなって、それに引っ張られて税収もUPする。

 

いいことだらけじゃね?

ご主人の給料やボーナスが上がるんだよ。

そして、消費税もゼロなんだよ。

 

そりゃ、服を買ったり、外食に行ったり、旅行に行ったりする人が増えるでしょう。

家や車を買い換えようとする人も増えるかもしれない。

 

 

これ以上、赤字国債を発行したら、ハイパーインフレになるじゃないか、国家は破綻するじゃないかという方、ご安心ください。

 

「自国通貨建ての国債はデフォルトしない」と財務省自身が公式見解として述べています。

 

www.mof.go.jp

 

ここでひとつの疑問が浮かぶ。

 

借金を増やしてもデフォルトしないということを自分自身でわかっているんだったら、じゃあ、なんで財務省は「日本はヤバイ」「国の借金は国民一人当たり1000万円だ」と言いまくっているんだろう???

 

さあ、そこを読み解かなきゃいけない。

彼らの狙いを、ね。。。

 

政府は国民に嘘を言っているんだよ。

「自作自演」と言ってもいい。

 

本当は「日本は破綻しない」ということをわかっているんだ。

わかったうえで、せっせと国民の恐怖を煽っているんだ。

 

そのほうが都合がいいから。

そのほうが消費税を増税できるから。

法人税や所得税を減税して、お金持ちを助けることができるから。

 

アメリカを助けることができるから。

ウォール街の連中を助けることができるから。