サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『君の名は。』を観て思ったこと

 

 

 


「君の名は。」予告2

 

言わずと知れた新海誠監督による大ヒット作品。

東京に暮らす高校生・瀧と飛騨の山奥で暮らす女子高生・三葉が入れ替わるという大胆なストーリーが話題になった。

 

瀧の声を神木隆之介が、三葉の声を上白石萌音が担当した。

RADWIMPSの主題歌『前前前世』も大ヒットを記録した。

 

 

僕は基本的にナレーションのある映画が苦手なんだけど

(日本映画に多いよね)

なぜかこの『君の名は。』だけは許せるんだよね。

 

何度観ても、サイコーのオープニングだと思うな

都会と田舎

テクノロジーと古典

男と女

 

君の名は。

っていろんなものがクロスオーバーする物語だよね。

 

「そのボーダーを越えていこう」

というね

 

 

この映画の最大の特徴は男と女が「入れ替わる」というストーリーだ。

この映画で描かれるのは入れ替わりは男女だけではない。

 

都会と田舎

現在と過去

テクノロジーとスピリチュアル

地球と

etc・・・

 

いろんなものが『クロス』することによってこの映画は奥深く、よりスケールの大きなものになっている。

いわゆる「セカイ系」と言われるゆえんがこの辺りにあるのではないだろうか。

 

誰かを強く想う気持ち(あるいは恋心)というのは、もしかしたら宇宙エネルギーにも影響を及ぼすのではないかといったような圧倒的な世界観。

僕と君のあいだにあるものこそがこの世界そのもの・・・・

 

僕と君がつながっているように太古の昔から現代に至るまですべてがつながっていると感覚。

観終わった後、そんな壮大なスピリチュアルな感慨に耽ってしまうような素晴らしい作品になっている。