サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

国民が貧しくなった分の利益はどこへ消えたのか問題

「生活できる年金払え」日比谷でデモ 政府の対応に抗議 という記事を読んだよ。

 

 

www.asahi.com

 

 

このデモをバカにしていたツイッタラーもたくさんいたけど、いつかここに集まったわずか300人の人の方が自民党に投票した何百万人の人よりも正しかったことが証明される日が来るだろう。

 

山本太郎も演説で「今、笑ってる人もいつまで笑えるかわかりませんよ」と言ってたよね。

 

「日本は借金大国でヤバイ」というのは消費税増税と年金を未払いを実現するために官僚が野に放ったものだということがわかってきたんだけど、国民の暮らしはどんどん苦しくなっていってるのは事実。

 

それなのに「自助努力」や「自己責任」のほうが多くの国民から支持されてるというパラドックス!

 

日本がヤバいんじゃない。

政府がヤバいんじゃない。

 

ヤバイのは国民の方だよ。

国民の生活がゆっくり落ちていっているんだよ。

 

逆の言い方をすれば、政府は健全なんだけど、国民ひとりひとりは貧しくなっていってるってこと。

 

さて、国民が貧しくなった分の利益はどこへ消えた?

 

政治家?

官僚の天下り?

大企業?

それとも日本株を大量に保有している外国人投資家?

 

GPIFETFなどを通じて

ついでに、この表もどうぞ。

f:id:orange345:20190813081659j:plain

 

さて、ここからどんなことが見えてきますか?