サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資の会社を長年やり、それなりに結果を出してきた僕が痛感してる5つのこと

不動産投資の会社を長年やってきて痛感してることは次の5つです。

 

① 銀行から億を超える融資を引っ張れる状態でいること

② 空室になったとしてもすぐに決まるような「いい物件」を安く購入すること

③ 融資は20年以上の長期で

④ 減価償却はすごく大事

⑤ やっぱり法人は税金面で優遇されてる

 

 

この5つのことを実践する際に忘れてはいけないことがあるよ。

それは、自分の口から出る言葉を気をつけるということ。

 

言っておくけど、言葉がその人の人生を決めるからね。

 

お互い好き同士で結婚しても、相手の嫌な部分って見えてくるよね。

収益物件も「何もかも完璧な物件」なんて出てこないって!

 

だから「いい物件はどうせ不動産会社が買うはずだから、不動産投資はダメだ」とか、「人口減少社会だから、もう不動産投資はオワコンだ」とかって文句ばかり言わないほうがいいよ。

 

あーだこーだ文句を言ってる暇があったら、二軍三軍の中からいいプレーヤーを見つける眼を養おうよ。

言っとくけど『言葉が人生をつくる』だからね!

 

・無理だ

・そんなことできっこない

・借金は危険だ

・絶対失敗する

・オレはそんなことができる器じゃない

 

 

そのような言葉を発した瞬間、すべては終わるよ。

すべては難しくなり、実現不可能なものになってしまうよ。

 

使う言葉を変えるだけで人生はだいぶ変わるんだよね。

 

「地方は人口流出が激しい。将来性がない。だから不動産投資は地方より都会でやるべき!」
これ、まったくおっしゃる通りだと思う。

まったくもって正しい現状認識だと思う。

 

でも、本質はそこじゃないんだよね。

問題は『都会の物件は高くてたとえ取得したとしても儲からない』ということなんだよね。

 

『正しいことをやっているのに結果が出ない』というのは不動産投資に限らず、人生で往往にして起こる。

つまり、いちばん大切なのは「正しさ」じゃないんだ。

 

正しさよりも、『実利』の方が大事なんだ。

単純に「いくらポケットに残るの?」を最優先にすべき。

 

地方にだってまだお客さんはいるしね。

 

言葉には十分注意しよう。

言葉ひとつで、結果はまったく変わってくるからね。