サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕らが子供の頃には消費税なんてものはなかったけど、日本はこんなに豊かになったという話

 

 

 

消費税増税による日本経済へのダメージは計り知れないし、人手不足解消のための人件費高騰問題の中小企業へのダメージも計り知れない。

両方を解消するのは思い切った財政支出しかないと思う。

 

政府はここで方向転換をすべきだと思う。

借金を恐れないで、国民を救うべきだと思う。

 

今こそ日本人は『借金=悪』という悪しき価値観を乗り越えるべき。

ここが運命の分かれ道じゃね?

 

そもそもの話、増税って社会保障費を捻出するためにするものじゃなく、インフレを抑制するためにするもんじゃね。

だからデフレのこの時期に消費税上げるのはおかしい。

 

そうだよ。

若い人は生まれたときから消費税なるものがあるから当たり前に思ってるかもしれないけれど、僕らが子供の頃には消費税なんてものはなかったんだよ。

 

それでも日本は高度経済成長したし、バブルも経験できた。

 

れいわの山本太郎はあの頃に戻ろうと言ってるだけ。

何もトンデモじゃない。

 

山本太郎が言ってるように法人税や所得税に累進制を設けたりしてもう少し金持ちから多く取れる仕組みにすれば、消費税はゼロでもやっていけるんだよ。

 

しかも、そうやってみんなが豊かになって内需が拡大されれば、税収は今よりもっと増えるというデータもあるくらい。

 

なぜそっちを選択しない?