サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『ユー・ガット・メール』を観て思ったこと

 

ユー・ガット・メール (字幕版)
 
ユー・ガット・メール [Blu-ray]

ユー・ガット・メール [Blu-ray]

 

 

 


You've Got Mail - Trailer

 

メールだけでやり取りする心の支えの相手がビジネス上の敵だった!? 

主演の二人がチャーミングだし、脚本も最高にイイ! 

ウィットに富んだセリフや言葉の数々がどれも深い。

 

資本主義、慈悲の心、人間の本質とは?・・・・これは単なるラブコメじゃない。 

いろいろなテーマが散りばめられてる。

 

 

この時のメグ・ライアン、とびっきりキュートだったなぁ。

映画全体から彼女の輝きがにじみ出ている。

 

時代は変わるね・・・笑

 

当時はSNSというものがまだなかった。

『メール』という文章だけが自己表現の手段だった。

 

だからこそ、この映画は文学的な香りや、文学についての話がいろいろと出てくるのだろう。

『文字だけでしか伝えられない』という制約が、逆にイマジネーションを膨らませてくれる。

  

ラストのキャロル・キングの「Anyone At All 」もグッとくるね。