サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「財政赤字」という言葉に過剰反応しないほうがいいこれだけの理由

米国債の発行計画、最高規模を維持ー財政赤字1兆ドル超えへ という記事を読んだよ。

 

 

www.bloomberg.co.jp

 

「財政赤字」と聞くと、何か悪いことをしているように聞こえるけど、それだけ世の中を豊かにしているってことだからね。

 

国民が豊かにするために政府が借金をするのは先進国では当たり前だよね。

 

僕らって、60年代の高度経済成長の頃の政府の借金や、「ムダな公共事業」って批判された80年代バブルの頃の政府の借金を今、払ってます?

払ってないよね。

 

「国の借金を子供たちに押しつけていいのか」というのは、財務官僚がつくったセールストークのようなものだと思う。

 

自国通貨を持ってる国の財政赤字は大丈夫なんだよね。

それがMMT理論。

 

もしも日本の財政赤字がそんなにヤバイんだったら、それはインフレという形であらわれるはずだよね。

ところが今、日本はインフレどころかデフレで困っている。

 

せめてインフレ率3%ぐらいまで財政出動してもいいじゃね。

もちろんそれまでは消費税ゼロで。

 

低体温でヤバい人の高熱の心配してもさぁ

 

仮に日本の財政赤字がそんなに危機的な状況なのだとしたら、なぜ消費税だけ増税するんだろう。

法人税も、所得税も、みんな増税しなきゃいけないはずじゃね。

 

政府が黒字化するってことは、我々の家計が赤字化するってことだからね。

どこまで日本人は人がいいんだろう。

 

 

zuuonline.com

 

言ってみればこれは身内から借金をしているようなものだからね。

ほとんどが「国内借金」。

だから日本はギリシャみたいにはならないんだよね。

 

極端な話だけど、奥さんに1,000万円借金して「資産」を買ったみたいなもの。

 

健全だよね。

なぜ、焦って返す必要がある?