サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『ムーンライト』を観て思ったこと

 

ムーンライト(字幕版)
 
ムーンライト スタンダード・エディション [Blu-ray]

ムーンライト スタンダード・エディション [Blu-ray]

 

 

 

2016年に公開され、低予算で製作された映画であるにも関わらず大ヒットを記録。

翌年のアカデミー賞では作品賞、助演男優賞、脚色賞などを受賞している。

 

マイアミの貧困街に暮らし、学校ではいじめられ、家庭もボロボロ、なおかつ自身はLGBT・・・・そんなどん詰まりの中で生きる黒人の少年と彼を優しくサポートする麻薬ディーラーとの絆を描く。

 

監督はバリー・ジェンキンス。

あのブラッド・ピットが製作陣に名を連ねている。

 

劣悪な家庭環境、貧困、いじめ、LGBT…様々な問題を抱える少年と、彼に手に差し伸べる心優しい麻薬ディーラーとの絆を描く。

とても美しくセンシティブな作品。

 

マハーシャラ・アリさんが泣かせる。

痛みを知ってる人は困ってる人にも手を差し伸べるようとするものだよね。

 

トランプが大統領となる急速に右傾化し、さまざまな差別意識が噴出しはじめたアメリカにおいてこのような作品がアカデミー賞を受賞した意義は大きい。

決して大声で何かを訴えるような映画ではない。

 

助演男優賞を受賞したアリさんのように穏やかに優しく、それでいて奥底にはしっかりとした芯のある素晴らしい作品!