サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「オレたちの世代の借金を子供たちに押しつけていいのか?」という言葉は本当にズルイ言葉よね。

 

 

 

日本は実験台? 「財政再建しなくても破綻しない」話題の経済理論MMTとは という記事を読んだよ。

 

 

www.businessinsider.jp

 

まず、日本人の「借金は悪いものだ」という思い込みを取っ払うことからはじめないと話にならないよね。

僕も不動産投資の会社を何年もやってるから骨身に沁みてるんだけど、「借金=悪」という価値観は間違ってるよ。

 

だけど、全っ然理解されないんだけどね。笑

 

うちもたくさん負債(借金)があるけど、その代わり、もう一方にはたくさん資産があるんだよね。

その資産が僕にキャッシュフローをもたらしてくれている。

 

ところが、日本人は借金の額の方にばかり目がいっちゃって、資産やキャッシュの方には目がいかないんだ。

これ、日本の財政問題も同じだよね。

 

 

もしも「借金の額」だけが問題になるんだったら、うちの会社なんてとっくの昔に倒産してるし、僕も自己破産してるよ。笑

 

借金の額が問題じゃないんだよ。

「経営・運営がうまくいってますか?」の方が問題なんだよ。

これ、国も一緒だと思う。

 

年金問題も、消費税問題も、すべて根っこにあるのは『借金は本当に悪いことですか?問題』があると僕は思ってます。

 

財政破綻論を述べる人に僕は聞いてみたい。

なぜこんなに借金があるのに日本はデフレから脱却できないのか、金利が上昇しないのか、国債が暴落しないのか

 

「我々の世代の借金を子供たちに押しつけていいのか?」という言葉は本当にズルイ言葉だと思う。

なぜなら、先進国の政府の借金というのは基本的にはずーっと増えてゆくものだから。

 

オレたちだって別に今、60年代の高度成長期の政府の借金や、80年代のバブルの頃の政府の借金を返してるわけじゃないよね・・・

 

別に無理して、慌てて返さなくてもいい。

いや、無理して、慌てて返さないほうが子供たちは助かる。

 

うちの会社だって無理して繰り上げ返済していったら、倒産しちゃうよ

 

ところが「借金=悪」という考えに取り憑かれた人は、「なんとしても早く借金を返さなければ」と思ってしまう。

だから「消費税増税」とか「75歳まで働け」とかって話が出てくる。