サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「卵を一つのカゴに盛るな」という投資格言について僕が思うこと。

紙の資産の中だけでいくら分散したところで、それはリスクをヘッジしたことにはならないよね。

よくよく考えてほしいんだ。

 

全世界にバランスよくたくさん分散された投資信託を買っても、それはリスク・ヘッジではない。

それは、ただ単に分散しただけだから・・・ 

 

100メートル・ハードルも、やり投げも、砲丸投げも、棒高跳びも、etc・・・よく考えたらそれ、みんな『陸上』という競技スポーツのなかの話だよね。

でも、世の中にはバスケットボールもあるし、水泳もあるし、野球も、柔道も、サッカーもある。

 

もっと言えば、スポーツじゃなくてもいい。

音楽でもいいし、美術でもいい。

 

投資信託をやってる人は『卵を一つのカゴに盛るな』という言葉が大好きだよね。

その言葉を信じ、それが彼らのアイデンティティーにもなっている。

 

そして、「自分たちはたくさんのところに分散投資をしている」「自分たちは卵を一つのカゴに盛ってない」と思い込んでいる。

だけど、ちょっと待って。

 

陸上競技のなかでいろんな種目をやっていたとしても、外野から見ると、それ全部、「陸上をやってる人」に見えるんだよ。

 

本当の分散投資って、陸上もやり、水泳もやり、音楽もやり、茶道もやり、etc・・・・ってことなんじゃない?

 

ここでおもしろいパラドックスが起こるんだ。

「卵を一つにカゴに盛らないことを信条にして行動している人たちは、せっせと実は卵を一つのカゴに盛っている」というパラドックスだよ。

 

『卵を一つのカゴに盛るな』という格言は僕は正しいと思ってるんだ。

問題なのは、彼らが"紙の資産"という『一つのカゴ』に卵を盛っているということに気づいていない、ということだよ。

 

自分では違うカゴに卵を盛ってるつもりでいても、実際は同じカゴに卵を盛っている。

だから株式市場がひとたび暴落したら、一気にその影響を受けることになるんだ。

 

そりゃ、そうだ。

なぜなら卵を一つのカゴに盛ってるだけなんだから。

そりゃ、モロに株式市場の影響を受けるはずだよ。

 

もしも本当に彼らの言うところの分散投資が本当にリスク・ヘッジされたものだとするのなら、株式市場が暴落してもその影響を受けないはずだよね。

 

その不都合な真実に最近、僕は気づいてしまったんだ。