サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

なぜ株や不動産で大儲けした人の話はたまに耳にするのに、投資信託で大儲けした人の話は耳にしないのか?

 

 

 

 

「平均上昇率は69%だ。だから大丈夫なんだ!」という物言いはマネー雑誌に頻繁に登場する。

ツイッターやブログなんかでもよく見かける言葉だよね。

 

この言葉、十分注意したほうがいいよ。

それは『今までのデータを元にすると、平均ではこうだった』というだけのこと。

 

でもそれは逆に見方をすれば、これから先も必ずそうなると決まってるわけじゃないということでもあるよね。

 

ちなみに札幌の年間平均気温は9度だけど、最低気温はマイナス10度を超える。

でも平均は9度。

 

「平均は9度です!」と聞くと、まるで1年中通して安定してるような印象を受けない?

僕はそう思っちゃうんな。

 

だけど、実際のところは札幌だもん。

大雪も降るし、道路も凍るんだ。

 

マイナス10度のときに薄手のパーカー1枚で過ごしたら凍え死んじゃうよ・・・

 

本当に『平均』を基準にして自分が身にまとうもの(ポートフォリオ)を構成して大丈夫なんだろうか。

 

なぜマネー雑誌にこのようなセールス・トークが頻繁に登場するか。

その答えは載ってる広告を見れば一目瞭然だよ。

 

そのほとんどが証券会社や投信会社だからね。

 

そして決してそこには『株や不動産では億万長者になった人の話はたまに聞くけど、投資信託でいないのはなぜだろう?』といった特集記事は組まれない・・・

 

それはなぜか。

実際に投資信託で億万長者になった人がほとんどいないからだよ。笑

 

まわりにいなくないッスか?

株や不動産で大儲けしたという話はたまに耳にするけど、投資信託で大儲けしたという話って、聞かなくないッスか?