サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

サラリーマンにも事業家にも、良い面と悪い面がある。あとは好みの問題じゃない?という話

世の中には「幸福なサラリーマン」と「幸福じゃないサラリーマン」がいるんだよね。

 

まあ、ざっくりした言い方をすると、ホワイトな職場とブラックな職場があるってこと・・・

 

イケハヤ氏のリーマンDisりはたしかに問題だと思う。

でも増税、社会保険料の増大、年金、医療、介護、教育、可処分所得の低下、ノルマ、満員電車、サービス残業、社内の醜悪な人間関係、etc・・・

 

そういった多くのサラリーマンが抱えている切実で厳しい現実から目をそらし、「別にこのまんまでいい」と開き直って問題解決に乗り出さないのも同じくらい問題のように僕の目には映るよ。

 

「あいつはサラリーマンをDisった!」とか言って大騒ぎしている人というのは、よっぽどホワイトな会社に勤めてる人なんじゃないかな。

僕は『ザ・悩めるサラリーマン』だったから、リーマンの苦しさがよくわかるんだ。

 

本当に苦しんでる人は「あいつはサラリーマンをDisった!」とかって大騒ぎなんかしないよ。

今、自分が置かれてる状況を「なんとかしたい」「どうにかしたい」「なんとかして抜け出さなければ」と思ってるはずだよ。

 

安定的に給料もらえるんだから、別にこのままでもいいじゃん!と言ってる人は、ある意味、幸福なサラリーマンなんだと思う。 

でもサラリーマンにも「幸福なサラリーマン」と「幸福じゃないサラリーマン」がいるんだ。

 

もしも「幸福じゃないサラリーマン」だったとしたら、イケハヤ氏が提唱している『サラリーマンじゃなくても生きていける道はあるぜ!』という話は希望に聞こえると思うけどね。

 

サラリーマンでさえいれば確かに給料という安定収入が得られる。

そこは最大のメリットだと思う。

 

やっぱり勤め人を卒業してみてつくづく思うのは、『毎月、黙っていても25日になれば会社からお金がもらえるってスゴイ!』ってことだよ。

とくに僕の場合、不動産投資なんていう不安定なものをやってメシを食ってる人間だから、給料のような安定収入がある状態って余計にすごい!って思っちゃう。

 

「じゃあ、おまえはどうしてその安定収入を捨てて脱サラしたんだ?」って突っ込まれたら、ちょっと答えに窮してしまうんだけどね。

 

でもコインには表と裏があるんだ。

表の部分だけを見て、裏の部分に目をつぶり、「サラリーマンにはこんなにメリットがある  だから自分はこのままでいいんだ」という結論に着地してしまってはいけないような気がするな。

 

コインの裏側の部分(将来不安とか、ノルマとか、満員電車とか、人間関係とかね)の問題は、ずっと放置したままだよね。

 

サラリーマンって『御勤め』だからね。

労働力を提供して、その対価として給料というものをもらう。

 

それは「自」「営」とは違うんだ。

 

Self-employed

 

とはワケが違うということ。

 

だから御勤めの中から「自分に合った仕事」を探すっていうのは至難のワザだよね。

それからサラリーマンは自営業者のように自由じゃないし、合わない人とも一緒に仕事をしなきゃいけないしね・・・

 

だからこんなに仕事のことで悩んで、うつになってる人が大勢いるんだよ。

そこはサラリーマンのマイナスの部分だと思う。

 

コインに裏の部分とオモテの部分があるんだよ・・・

 

自分に合った仕事を見つけたいのなら、自分で営むのがイチバンだよ。

Self-employedなら、自分に合った仕事ってやつを自ら『作りだす』ことはできるかもしれない。

 

ところで、イケハヤ氏もよく絡まれてるみたいだけど、「お前の影響で会社を辞めて失敗したらどうするんだ」ってなことを言う人、結構いっぱいいるよね。

僕、この思考回路がまったく理解できないんだよね。

 

煽ろうが、煽られようが、最終的に決めるのは自分でしょ?

あくまでも自分の人生なんだから。

 

自分で決めて、自分で判断したことなんだったら、最終的には自分でケツを拭かないと!

 

それを人に責任をなすりつけるなんて・・・

お門違いも甚だしいよね。

 

こういう人って、デビッド・ボウイとかボブ・ディランとかにもからんだりするのかな? 

「お前の曲のせいで人生が狂った!」「どうしてくれるんだ!」って・・・笑