サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

日本は成熟社会に達した国らしく、みんなで楽しく生きる道を選ぶべきだと思う。

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

拡大路線はもう限界に来ているのではないだろうか・・・

 

もうそろそろ20世紀型の拡大路線を改める時期に来ているんじゃないかな。

原発も、ペット業界の闇も、地球温暖化による自然災害の増加もみんな『イケイケ・ドンドン』の大量生産・大量消費の産物。

 

それはめぐりめぐって、いずれ僕たちに襲いかかって来るような気がする。

よりコストもかかるし・・・

 

NHK-BSでやってた『欲望の資本主義2019』という番組がとてもおもしろかった!

とくにGAFAのところが興味深かった。

 

いま、世界で唯一「成長」している企業群といえばGAFAぐらいなものだよね。

 

GoogleAmazonFacebookAppleによって世界は便利になった。

その結果、みんなで不幸になっている・・・

 

このパラドックスこそがグローバル資本主義の本質だということがよくわかったよ。

 

GAFAに関して研究しているドイツの教授の言った言葉はなかなか意味深長だった。

 

 

GAFAはカジノの元締めみたいなものだ。

儲かるのはカジノを運営している側であって我々ではない。

我々はGAFAを儲けさせるために働いているようなものだ。

 

 

確かにその通りかもしれないなぁ

今話題の『ホモ・デウス』『サピエンス全史』の著書、ユヴァル教授も警告を鳴らしているよ。

 

このままでいったら20年後にはあらゆる市場がAmazonに独占されるだろう。

 

自由市場はすべてAmazonによって払拭され、トマトを売っているのはAmazonだけという世界になるだろう。

 

 

ってね

 

ただ、日本からそういう世界的な企業が出てくることが果たしていいことなのかどうかわからないよね。

僕は日本は内需産業が栄えればいいと思ってるんだ。

 

国がもっと財政支出をして需要を喚起して、消費税を廃止して、一人一人の給料をもっと多くする。

そうすることによってみんな消費にお金をまわすようになって、景気がもっと良くなる。

 

そんな好循環をつくり出せば、別に日本からAmazonのような世界的なグローバル企業が出てこなくたって構わないと思うんだよね。

 

それから「成長」「成長」って言ったって、もうフロンティアはそんなに残されてないって!

それだったら開き直ってさ、成熟した大人として、みんなでおいしいものを食べて、旅行に行って、ファッションを楽しんで、映画を観て、買い物をして・・・ってな具合に落ち着いて楽しく生きたほうがハッピーなんじゃないかな。