サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

MMTを「トンデモ理論だ!」なんて言って簡単に片づけてしまわないほうがいいよ。

MMTに関する本を読み、いろいろ調べてるけど、日本がベネズエラみたいにハイパーインフレになる確率はゼロだな。

僕の認識が間違っていた。

 

そういった意味において、「日本はハイパー・インフレになる」でおなじみのあの維新のなんとかという先生が今回の参院選で落選したのは興味深いな。

 

政府の借金は、政府の借金なんだよな。

僕らの借金じゃないんだよな。

 

そして、需要が喚起され、経済が潤えば、税収も増えて、結果的に政府の借金も減るんだよな。

なおかつ、インフレになればなるほど、借金は減ってゆく。

 

僕は大きな勘違いをしていた。

お金のことを「お金」だと思っていた・・・

 

僕らが言ってるお金って「貨幣」なんだよね。

 

1万円は1万円という商品じゃない。

借用書なんだよね。

 

『変動相場制』だもんね。

 

 

www.mof.go.jp

 

財務省の公式見解で、「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない」って言ってるよね。

 

 

もしかしたら、財務省の中に「派閥」みたいなものがあるのかもな。

「分断」というか。

 

一方は「借金を早く減らせ」という勢力。

小さな政府。

 

もう一方は「借金を増やしても大丈夫」という勢力。

要するに、MMT論者。

大きな政府。

 

おそらく、最終的には後者が勝つと思う。

 

財務省の悲願である財政健全化・財政黒字化を本気でやろうとすれば、たくさん増税をしなければならなくなる。

 

そして、それによって実体経済は間違いなく悪化し、国民はみんな不幸になり、挙げ句の果てに財政そのものにも傷がつくよね。

 

 

MMT理論をトンデモと思わない

② 消費税を廃止する

③ 法人税に累進性を導入

④ 思いきって財政支出をして需要を生む

⑤ 最低賃金を全国一律で1,500円に

⑥ 非正規雇用をやめて正社員を増やす

⑦ 社員にガンガン給料を払う

⑧ 政府の借金で年金を破綻させない

 

 

これでみんながハッピーになる。

 

MMTのこと調べれば調べるほど消費税増税がいかにバカげているかわかってくる。

 

僕も不動産オーナーとしていつもヒシヒシと感じていることだけど、日本人のこの『借金』というものに対するアレルギーをなんとかしなければならない。

 

借金をしてはいけない

借金は早く返さなければならない

 

ここを乗り越えないと、話にならない。

借金をすればするほど安定するんだってば!

 

不思議でしょ?

 

今にして思えば、あの藤田さんと田端さんとの対談がすべてだったな。

 

藤田さん、ずっと一貫して「大企業は賃金を上げろ!」って言ってたもんね。

当たり前の話なんだけど、所得が増えて、みんなが豊かになれば税収も増えるし、社会保険も増えるし、みんながハッピーになれるんだよなぁ。

 

単純な話だったんだよなぁ。

 

「企業が儲かればトリクルダウンが起きる」っていう、竹中平蔵的『市場原理主義者』がこの国をデフレ地獄に導き、みんなを不幸にしたってことなんだろうな。

でも、トリクルダウンは起きなかった

 

僕たちは「消費税はすべて社会保障費(年金とか、医療とか)に充てられてる」って思い込んでる。

いや、思い込まされてる。

 

でも、残念ながらそうじゃないみたいです・・・

 

よく考えたら僕たちはインフレのことばかり心配しているけれど、この20年間、何をやってもずっとずっとデフレのままだったんだよな

 

それって、かなり異常なことだよね。

インフレの心配ばかりしてる場合じゃない。

 

何をやってもインフレにならないことのほうを心配しなきゃならないのかも

 

そうか、インフレになるってことはある意味、「借金が減る」ってことでもあるんだよな。

その根本的なことを忘れてたよ。

 

「国の借金がヤバい。早く返さなきゃ大変なことになる」って思い過ぎてた。

まんまと財務官僚に騙されてた。

 

怖いのはハイパーインフレよりも、ハイパーデフレの方だった・・・

 

ああ、そうか。

だからあのタイミングで金融庁(つまり、財務省)は年金2,000万円問題をぶつけてきたのか。

 

これで合点がいった。

 

なぜあのタイミングだったんだろうって、ずっと疑問だった。

 

そして全部、彼らの思惑どおりに事は進んだじゃん。

多くの国民は消費税増税に賛成したじゃん。

 

うまいことやったね、彼ら・・・

 

そもそも、「インフレに持っていきたい。でも、消費増税します」っておかしな話だよね。

インフレになるってことは内需が喚起されて、みんながワイワイ・ガヤガヤお金を消費するってことだよね。

 

そこで消費増税なんかしたら、お金使わないで経済がシュリンクするだけじゃん!

 

そこで出てくるのが『MMT』ってやつ。

なるほど、このMMT理論というのもちょっと勉強して見る価値はあるのかもしれないな。

 

自分のところでお金を印刷できる国だったらOKかも。

怖くないかも。

 

ギリシャみたいな国だったらダメだけどさ。

日本は(アメリカもそうだけど)、自国でどんどん紙幣を印刷できる国なんだよ。

 

そういう自国通貨を発行できる国がギリシャみたいに破綻するはずないよね。

ただ、これやるんだったら消費税やめたほうがいい。

 

でも、借金が大嫌いな国民に「借金はどんどん増やしてもいい」「借金は無理して返さなくてもいい」なんて言っても、理解してもらえるかな・・・

 

 

いや、理解してもらわなきゃ困るんだけどね。

僕は消費税は廃止すべきだと思っています。

 

MMTを「トンデモ理論だ!」なんて言って簡単に片づけてしまわないほうがいいよ。