サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『ソナチネ』を観て思ったこと

 

ソナチネ [Blu-ray]

ソナチネ [Blu-ray]

 

 

 

「世界のキタノ」として名をはせるきっかけとなった監督4作目。

沖縄でのヤクザの抗争を描きながらもアーティスティックな雰囲気が漂う独特の映画に仕上がっている。

 

映画の最初のタイトルはジャン・リュック・ゴダールの『気狂いピエロ』の影響を受けた『沖縄ピエロ』というものだった。

 

北野武はこの映画を「自身の最後の作品にしようと思っていた」と語っており、だから「好きなもんを撮ってやろうと思って作った」と述べている。

 

『ソナチネ』は日本でまったくヒットしなかった。

僕の記憶が確かならば、当時評論家のあいだからもボロクソに言われていた。

 

僕は当時、大学生だった。

『ソナチネ』は僕の暮らす北海道の地方都市の映画館でも上映されていた(今にして思えば、それ自体がほとんど奇跡なのだが・・・)。

 

お客さんは大学生の僕と、ヤクザ風のおじさんの二人だけだった・・・

後にも先にも広い映画館で観客がわずか二人っきりというシチュエーションは体験したことがない。 

それは僕の記憶に強烈な印象を残した。

 

あのクエンティン・タランティーノも絶賛したことで有名だ。

 

これからこの作品をご覧になる人はきっと「なんだ、こりゃ!」という印象を持つはずだ。

しかし、その「なんだ、こりゃ!」が北野作品の最も重要なキモの部分だと僕は思っている。

 

『アウトレイジ』シリーズは映画としては非常によくできていると思う。

誰が見ても「おもしろい!」と手を叩いて喜べるエンターテインメント作品に仕上がっていると思う。

 

それに対してこの『ソナチネ』は同じヤクザ映画であるにも関わらず『アウトレイジ』のようなエンタメ性は一切ない。

きっと「なんだ、こりゃ!」という感想を持つ人も多いだろう。

 

一応ストーリーのようなものはある。

あるにはあるのだが、そういうストーリー性はこういう映画にはあまりに重要なことではない。

 

とにかく観る人の脳裏に『強烈な印象』を残すこと。

「なんだ、こりゃ!」と同時に、「スゴイものを観ちゃった!」という強烈な印象を残すこと!

 

おそらく北野監督はその一点に向かってこの映画をつくりあげたのではないだろうか?

 

他と同じようなものをつくっても意味がない

オレはオレにしかできないものを作るんだ!

 

『ソナチネ』にはそのような北野監督の冒険心みたいなものが随所に散りばめられている。

 

そして結果的にその冒険心が唯一の無二の存在となり、北野監督は「世界のキタノ」になってゆく。