サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

自分の弱点が最大の武器になることもある。

自分の弱点が最大の武器になることってあるよね。

僕は自分には実力がないということを誰よりも自覚していた。

 

だから不動産投資に引き寄せられたのだと思う。

 

だって不動産投資は『自分以外の人の力』を利用することができるものだから。

 

僕のアパートの部屋の空室が決まるのはアパートにそれだけの価値があるからだよ。

だから契約してくれる入居者さんがいる。

 

別にそれは僕が優れているからじゃない。

 

お客さんを連れてきてくれる優秀な賃貸の営業マンがいてくれて、その建物を管理してくれる管理会社の人がいる。

部屋をキレイに掃除してくれる業者さんがいて、修繕・工事してくれる業者さんがいる。

 

いろんな人の力を利用させてもらえるのが不動産投資のスゴイところなんだ。

そのオーナーが必ずしも優秀である必要はないんだ。

 

税金についてアドバイスしてくれる税理士先生もいるし、何よりも、僕みたいな人間にナン億円ものお金を貸し付けてくれた銀行の支店長や融資担当者の人がいる。

 

このように不動産投資はそんないろんな人の力を使うことができる世にも珍しい投資法なんだよ。

 

僕は自分に力がないことをずっと前からわかっていた。

だから、誰かの力を借りる方法も模索したんだ。

 

自分の中の弱点=最大の武器だよね!

 

レバレッジとは『お金』のことだけのことを指す言葉ではない。

僕は銀行借入を利用したわけだが、僕にとってそれよりもすごいレバレッジは収益物件と管理会社だ。

 

もっと具体的に言うと、家賃を払ってくれる入居者さんと、不動産会社に勤めるお兄ちゃんたちだ。

彼らが僕にとっての最大のレバレッジだ。

 

はっきり言って僕自身は大したことのない人間だ。

頭もそれほど良くないし、能力も低い。

 

そんな僕がハッピーに暮らすことができるのは物件と管理会社のおかげだ。

すぐ部屋が埋まり利回りが高く、管理会社が優秀なら僕がバカでも無能でもいいのだ。

 

レバレッジってこういうことを言うんじゃないだろうか。