サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「紙の資産(ペーパー・アセット)」だけに投資している人は分散投資ではなく、集中投資をしている。

そもそもの話、『紙の資産』だけに資金を入れることって分散投資なのかな?

株だろうが、債券だろうが、REITだろうが、FXだろうが、すべてペーパー・アセット(紙の資産)だよね??

 

それは本当に分散投資なんだろうか。

リスクを分散してることになるんだろうか。

 

なかには『米国株にも、日本株にも、先進国にも、新興国にも投資しているから、オレは分散投資をしているんだ』と言う人いるけど、すべて紙の資産なんだよね。

別にベトナムの不動産を買ったとか、ポーランドに土地を持ってるとかじゃない・・・

 

それって集中投資じゃね?

紙の資産という一つの資産にお金を集中的に投資しているだけだよね。

 

だから、市場が暴落したり、急落したりしたら、自身のポートフォリオの成績も一気に悪くなる。

 

なぜ?

分散投資してるんでしょ?

暴落が起こっても、ポートフォリオが傷をつかないためにたくさん投資先を分散してるんだよね?

そういうときのヘッジのために分散投資ってやるものなんじゃないの???

 

それなのに、どうして含み損を抱えるの?

 

全然、リスク・ヘッジになってないじゃん!

全然、分散してる意味ないじゃん!

 

本当の意味でリスクを分散したかったら、紙の資産にも投資するし、現物資産(不動産など)にも投資するし・・・・ってやらないと。

『紙の資産』という一つの資産対象にお金を投じている、紛れもない『集中投資』だよね。

 

分散投資はお金持ちにとっては資産を守る有効な手段だよね。

だけどもしも『お金を殖やしたい・お金を儲けたい』と思っているのなら、「分散投資をしていれば成功する」と考えない方がいいよ。

 

お金持ちは現金(その国の通貨)が目減りすることを知っている。

だから分散投資をして自分の資産を守ろうとする。

 

分散投資はもうすでにお金をたくさん持ってる人にとっては有効なやり方なんだよね。

でも、普通の人がお金持ちと同じような運用手段を用いて、分散ばかりしていたらいつまで経ってもお金は殖えていかないよ・・・

 

持っているお金を「守る(損したくない)」のか、「殖やす(リスクを背負っても勝負したい)」のかを考えよう!

 

若い頃はとくに、ひと勝負すべき時期だと僕は思うけどな。

サッカーでも「ここが攻め時だ!」って時があるよね。

そういう時ってフォワードの選手を投入するよね。

 

マラソンでもどっかでスパートをかけないと勝てないよね。

投資もこれによく似てる。

 

どっかで勝負をしかけないと!

 

分散投資は「点を入れられないようにする」時には有効だけど、最初からそれをやってたら、いつまで経っても飛躍できないよ。。。