サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

なぜ社会で問題を起こすのは『男』ばかりなのか?・・・ということについて考えてみた。

 

 

犯罪者に男性が多い理由を心理カウンセラーが分析 という記事を読んだよ。

 

 

www.excite.co.jp

 

京都アニメの放火事件に衝撃を受けています。

詳細は不明なんだけど、どうやらまた男性が犯人らしい。

 

秋葉原の加藤、宅間守、相模原の植松、川崎の岩崎、そして今回・・・

世間を騒がせるような事件を起こすの、みんな「男」だよね。

しかもみんなある程度の年齢の男ばかり。

 

ネトウヨの8割が男性、ひきこもりの8割が男性、孤独死の8割が男性、etc・・・・これ、軽視すべきじゃないよ。

 

なぜ女性は社会のなかでうまく立ち回れるのに、男はできないんだろう。

そこには男性に対して「目に見えないプレッシャー」を与え続ける、This is 日本的価値観が根底にあると僕は思ってる。

 

いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に働き、家族を養い、家を買い、車を2台保有して、etc・・・

 

これが「日本の男性」が受けてきた教育だった。

 

でも、ここからこぼれ落ちてしまった人はどうしたらいい?

敗者復活ができない日本では、ひきこもるか、ルサンチマンを抱くかのどちらかにいくしかない・・・

 

少なくとも、こぼれ落ちた人のなかでそう考える人が一定数いることは事実だと思うよ。

 

ネトウヨになる人って、マウンティングする人と同じ精神構造なんじゃないかな。

その根底にあるのは、『不安』なんだろうな。

 

自分が現実世界でどうしても浮上できない、幸せになれない、承認されない・・・・その不安を埋め合わせるためにやっているんだろうな。

 

f:id:orange345:20191003123541p:plain

 

よく言われていることだけど、ネトウヨになったり、Yahoo!ニュースでひどいコメントを書いたりしてる人って、圧倒的に「男性」で、しかも「40代」が多いという。

 

要するに、『おっさん』だよね。

 

自分はThis is 日本的価値観である「勤勉さ」をただ真面目に守ってきただけなのに、世間からも、家族からも、そして社会からも承認されない。

その鬱屈がフックになってネトウヨになってゆくんじゃないだろうか。

 

そこにはイデオロギーも何もない。

その人は実は愛国者でも何でもないんだ。

 

だって本当の愛国者だったら、本当の右翼だったら、生活保護受給者や生活困窮者などに対してあんなひどい言葉をかけたりしないよ。

苦しんでいる民を「放っておけない」と考えるのが本当の愛国者だよ。

 

二・二六事件や石原莞爾のことをちょっとでも調べれば、そんなことはすぐにわかるよ。

そこにあったのは、「苦しんでる国民を守る・救う」という想いだよ。

 

今、ネトウヨたちがやってることは、それとはまるで違うことだよね・・・

 

中高年のひきこもりの8割以上が男

孤独死の8割以上が男

ネトウヨの中心にいるのは40代も男

etc・・・

 

なぜ、こんなに男が多いんだろう。

なぜ、そういう男が形成されてゆく過程にいったい何があったんだろう。

 

僕はそこには、「不安になってはいけない」「負けてはいけない」「こぼれ落ちてはいけない」といった具合に絶えずプレッシャーをかけ続ける現代社会が問題もあると思ってる。

 

そして今の日本の教育は、そういった日本社会からのプレッシャーから子供を守るために機能していない。

いや、それどころか教育熱心な親(秋葉原の加藤の母親も異常なほど教育熱心だった)や、学習塾なんかといっしょになって子供たちにプレッシャーをかけ続けている有り様・・・

 

「いい大学に行かないと、大変なことになるぞ」「勉強をがんばらないと、人生の落伍者になってしまうぞ」と、子供たちを不安にさせ、どんどん追い詰めていっている。

 

教育というのは子供たちに夢や希望を与えるためにあるものなんじゃないのか?

 

そういった意味でいうと、ネトウヨって可哀想な人たちなのかもしれない。

現代の病んだ日本社会の犠牲者なのかもしれない・・・・

 

f:id:orange345:20191005180623p:plain