サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

長期投資が好きな人ほど不動産投資が嫌いというパラドックスについて

投資に興味がある人で「長期投資」という言葉にグッと来るタイプの人こそ不動産投資が向いているんだけど、なぜか長期投資が好きな人のあいだでは不動産投資は人気がないんだよね・・・

 

どういうわけか、安定志向、長期志向の人は不動産投資が大嫌いなんだ。

キケンだと思われてるんだろうね・・・

 

不動産投資は世界の経済情勢の影響を受けにくく、資産が一気に半分になったり目減りしたりすることもほとんどないのにね。

 

不動産投資は資産が一気に変動しない代わりに、株価の変動しだいで『一気に大儲け!』というような一攫千金ない。

インカムゲインをもらいながら、ゆっくりのんびり資産を形成してゆくスタイル。

 

いい物件なら30年・40年・50年間、安定的に家賃が得られる。

建物はたしかに古くなってゆくけれど、きちんとメンテナンスをすれば騙し騙しやってゆくことはできる。

 

こういうのを長期投資というのではないの?

 

上げ相場になってきた頃から急に『長期投資』という言葉を耳にするようになったのはなぜだろう。 

老後を迎える頃が市場の暴落期にぶつかったら資産はどうなるんだろう。

 

本当に長期投資はリスクを平均化することができるのだろうか? 

本当に幾度の暴落期による資産の目減りに耐えられるだろうか?

 

本当に我慢の果てに複利のパワー(よく本に出てくる)によって定年する頃に資産が膨らんでいるのだろうか?

その2030年のあいだに幾度も利確のチャンスはあったのに、ずっと利確しないでいるというのは本当に理に適った選択なのだろうか?

 

僕は不動産投資こそが『長期投資』だと思っているよ。

いい物件だったら、それこそ2030年保有し続けるので、まさに長期に渡る投資だよね。

 

しかもその間、家賃収入というインカムゲインも得られる。

わざわざ売却したりする手間や労力もいらない。

貯まったお金を再投資にまわせば、それこそ『複利のパワー』も得られる。

 

それなのに、長期投資が好きな人ほど不動産投資が嫌いなんだ。

おもしろいよね。

 

僕の地元に僕が師と仰ぐプロの大家さんがいる。

その人はバフェットのように物件を長期保有するやり方を好んだ。

 

僕はその人になぜ市場が高騰している時でも物件を売却しないのかについて訊ねたことがあった。

その時に言われた言葉が忘れられない。

 

「儲かってるのになんでわざわざ売る必要があるの?」

「このまま黙っていれば、家賃が入ってくるっていうのに何で売らなきゃいけないの?」

「今のままにしておけば資産は手放さなくてもいいわ、家賃は入ってくるわでダブルおいしいでしょうが!」

 

確かにその通りだと思った。

 

うちの物件にプラザ合意の頃に建てられたものがある。

あれから30年以上。

 

その間、日本経済には実にいろんなことがあった。

バブルとバブル崩壊、平成不況、ITバブル、アジア通貨危機、欧州危機、リーマンショック、いざなみ景気、アベノミクス。経済は波のように上がったり下がったりを繰り返した。

 

今もあちこちで「バブルか? バブルじゃないか?」という議論が起きてる。

それはいつの時代も繰り返されてきた光景だ。

 

重要なことは昭和に建てられた物件が30年以上にわたってずっと(前所有者もひっくるめて)家賃収入を稼いできたということだ。

 

これが僕が不動産投資に惹かれた最大の理由です。