サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資でいい物件をゲットするコツは「不動産業者から選ばれる客」になることという話

物件探しの最重要事項は業者選びだよ。

結構、厄介なのが担当者が良い物件だと「思い込んでいる」ケース。

 

「都心部の築2年のオートロックだから絶対大丈夫です!」なんて言って、ごり押ししてくるケースも多々あるから気をつけてね。

 

こちらの識別眼や洞察力が問われる。

本当にいい物件なのか、その人がいい物件だと思い込んでるだけなのかを冷静に見極める力が問われるんだ。

 

業者からいい物件を紹介してもらうためには信頼関係を構築しなければならない。

少なくとも事前に銀行に『融資のお墨付き』をもらっておくようにしよう。

 

そうすれば営業マンも本気になる。

「散々振り回された挙句、全然融資のつかない人だった・・・」なんてことになるのを彼らはいちばん恐れているんだよね。

 

なんと言っても厳しいノルマを抱えてやってるからね。

無駄骨はなるべく避けたいと彼らは思ってる。

 

不動産投資をやろうとする人は「業者選び」のことをすごく気にしていると思う。

だけど、「業者の方もあなたを見ている」ということを忘れてはいけないよ。

 

営業担当もノルマを抱えて忙しい。

なるべくスムーズに気持ちのいい取引をしたいと思っている。

 

業者から選ばれる顧客にならなきゃいけないんだよね。

 

「いい物件が出てきたら即、業者が買う(だから不動産投資なんかやめておけ)」 

これもよく耳にする言葉だよね。

 

僕は不動産会社にいたけど、これは『半分正解、半分不正解』。

業者は情報をつかむのは誰よりも早い。

そのためにやってると言ってもいい。

 

でも業者にだっていろんな都合というものがある。

優良物件が出てきてたけど、「別の物件で決裁したばかりで銀行の融資枠がキツキツ」という場合もある。

 

「以前困ってた時、助けてくれた大家さんだからあの人にこの物件を紹介しよう」という場合もある。

 

不動産業界って結構『人と人』の世界なんだよね。

かなり人間くさい世界なんです。

そこが僕は好き!

 

「どうせいい物件は不動産業者が買うに決まってる」という人はおそらく『マネー』のことしか見えてないんじゃないかな。

 

入居してくれる人も、客付けしてくれるお兄ちゃんも、工事してくれるおっちゃんも、物件を紹介してくれる社長もみんな人間なんだよね。

『金』のことより『人』が重要なんだよね。

 

 

ラーメン屋、居酒屋、学習塾、エステサロン、etc。アフィリエイトもひっくるめてみんな苦労してます。準備にも時間がかかるし、内装工事とかも大変です。

 

成功する人は一握りです。

でも不動産投資の場合『いい物件を取得する』だけで成功する(かもしれない)。やることはいたって単純なのです。

 

それがいちばん難しく、それがいちばん重要なことです。

 

不動産投資は購入時が最も重要です。

そう言った意味では今は見送る時期かもしれません。

 

今はどこも不動産、高いでしょ?

こういう時期は気をつける時期ですよね。

 

ここが不動産投資のおもしろいところでもあり、また(人によっては)すごくむずかしいところでもあるのだが、『不動産投資は人が絡む』ということを憶えておこう。

 

不動産投資はパソコンの前に座ってカチッとクリックすれば資産が手に入るようなものではない。

 

 優良な物件情報を得るためには、優良な不動産業者と『仲良く』しなければいけない。

銀行の融資担当者の人と親しくなって、実際に銀行からお金を借りなければならない。

 

みんな人だ!

 

物件を紹介してくれる不動産業者の担当者とモメ事を起こしたり、仲介手数料をケチったりするのなんて言語道断!

 

意外と不動産の世界というのは横のつながりもあって、悪い噂はすぐに広まってゆく。

 

『ケチで金持ちになった人はいない』と肝に命じておこう。

手数料は気持ちよく、満額払うようにしよう。

 

そうしなければ、長くその業界で生き残ってゆくことはできない。

 

自分についての変な噂が流れれば、もうその時点でアウトだ!

いい物件を紹介されることはほとんどなくなってしまうだろう・・・

 

僕は不動産業者の側にいたけど、不動産会社の営業マンという大変な仕事である。

ノルマに追われて、ただでさえも忙しい・・・

 

そんな中、手数料はケチる、めんどくさいことを言う、モメ事を起こす、話をしていても楽しくない・・・

そんな人を相手にすると思うだろうか?

 

僕だったらそういう人には二度と優良物件情報を教えようとは思わない!

 

逆の立場になってみよう。

そうすればきっとわかる。

 

ケチで、ムカつくような人と次も取引したいと思いますか?という話になる。