サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

なんでもスイスイいっちゃうことが必ずしも良いことだとは限らない。

ピンチやトラブルを乗り越えれば、それは『自信』に変わってゆくだよね。

「あんな経験したんだから何が起きても大丈夫だ」って思えるものなんだ。

 

なんでもスイスイいっちゃうことが必ずしも良いことだとは限らないんだよ。

だから今のうちにピンチやトラブル、遭遇しときな。

 

必ず役に立つから!

 

勝つか、負けるかだったら、そりゃ勝った方がいいんだけどさ

負けた方がいい場合もあるんだよ。

 

負けたことによって、その前の状態よりも飛躍できたりすることってあるんだよね。

『負けるが勝ち』ってよく言うじゃん。

 

だから勝手にいじけないで。

まだ勝負はついてないよ。

 

 

平均台っておもしろいよね。

「平均台の上を歩く」とか「平均台の上から落っこちる」という表現もあるよね。

 

でも平均台から落ちたって「平均じゃなくなった」ってだけのこと。

平均じゃないってことは逆に良いことでもある。

 

平均台の上を歩いてる人は、落っこちてない代わりに「ずっと平均」ってことだもん。

平均ってことは、飛躍できない・ずっとその場にとどまり続けるって意味でもあるからね。

 

「そんなことオレにできるわけがない」と自分のやることに制限をしてしまうと、その枠から出られないまま一生を終えることになるよ。

大切なことはそのラインをまたいで、一歩先へ踏み出すこと。

 

それですべてが変わるよ。

誰も制限なんかしてない。

自分で自分のことを制限してるだけなんだよ。

 

とにかく動いてみよう!

動けば必ず痛い目に遭う。

でも、その痛みはその場にとどまり続けて、ただ年老いてゆく苦痛に比べたら大したことはないよ。