サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「消費税を上げればなんとかなる」と思ってる人が根本的に勘違いしていること。

「リフレ派vs財政再建派」対立の終焉 という記事を読んだよ。

 

 

webronza.asahi.com

 

政府は「金融緩和すればみんな消費するだろう」「だから消費税を上げれば社会保障の財源が生まれる」って言ってるけど、そんな簡単じゃないって!

 

消費する人(つまり現役世代)の人数がいないんだよ。

それから別にそんなに欲しいものがないんだよ。

 

「お金の量を増やせば企業や人々は消費したり投資したりするはずだ」という考えは間違ってるんじゃないかな。

 

僕はまったく別の事態が進行しつつあると思ってるよ。

それは『需要がない』という問題。

経済成長しないのは貨幣供給量が不足しているからではないと思う。

 

いくら金融緩和をしてもデフレから脱却できないのは、実は『日本はもう十分豊かになり、終着駅に到達した』ってことだと思う。

だからこんなに低金利だし、こんなに低成長・・・

 

「お金の量を増やせばモノを買うだろう」じゃなくて、むしろ「買いたいモノがない」という状態であることに着目すべき。

 

企業も銀行もこんなに黒字なのに、政府だけが赤字なのはなぜか。

どんどん借金して国債やETFを買っても、ちっとも経済成長しないのはなぜか。

 

そういった意味で考えると、アベノミクスとか黒田バズーカーって、いったい何だったんだろうね・・・

 

 

www.asahi.com

 

 

いちばんモノを消費する世代である『子育て世代』が自民党に入れる理由がわからない。

消費税が増税になると、いちばん割りを食うのに・・・

 

もしもオレが団塊の世代だったら、そういう現役世代をみて、「こいつら自分で自分の首をしめてバカなんじゃないか」って思うだろうな。

 

「消費税を上げれば何とかなる」と思ってる人も多いかもしれないけれど、一生のうちでいちばん何かモノを買う世代というのは僕らの世代だよね。

 

要するに、結婚して、子供がいて、住宅を買い、家電製品を揃えるようなバリバリ『現役世代』。

その現役世代が急速な勢いで少なくなっている。

 

消費をする人がの数が少ないということは、消費自体も少ないということだよね。

そういう少ない消費に対する税金を増やして、そんなに効果があるのかなって思うよね。

 

そもそもの話、生産年齢人口(就業者数)が激減してるんだよね。

団塊の世代が退職して、ますます現役世代が減った。

 

年金暮らしで楽隠居している人がたくさん消費すると思う?

新築の家なんて買わないし、車もプリウスを何年も乗り回して終わりだよ・・・

 

日本がこんなにデフレで、低成長なのは供給過多だからだよ。