サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

多くの人が「いい情報だ」と思い込んでいるものは本当にいい情報なのか?ということについて

情報化社会では「いい情報」を得た人が幸福になれると言われているよね。

そして、みんな必死になって情報をかき集めて暮らしている。

 

SNSやインターネットを駆使して、あるいは本や雑誌を読んで、テレビを観て・・・・ってな具合に。

 

それなのに、なぜこんなに多くの人が将来に対して不安を抱いているんだろう。 

それは彼らが手にしている情報の中にバグが含まれているからだと僕は思ってるよ。

 

それはどんなバグか?

突き詰めて考えると、それはこんなバグだと思う。

 

 

いい大学に行って、いい会社に入って、定年まで真面目に勤めれば幸せになれる。

 

 

ほとんどの日本人はこれが「いい情報」だと思ってるっしょ?

 

でも、それが間違いだったらどうする。

それがバグだったらどうする。

 

「国民が賢くなってもらったら困る」「国民に本当のことを知らせては困る」と思っている人たちにとって、国民がこの考えに取り憑かれていてくれたほうが都合がいい。

 

だから学校や家で子供達にお金のことを教えないんだ。 

そして学校を卒業したら、従順で、素直で、真面目に働いてくれる『労働者たち』がたくさん社会に放出されることをのぞんでいる。

 

全部、彼らの思惑どおりにことを動いてるってわけだよ。

労働者たちが勤勉に大人しく働いてくれれば、既得権益者たちの立場はそのまま維持される。

彼らのおいしい立場はそのまま安泰なんだ。

 

彼らは見事にそれに成功してるじゃないか。

『教育』というものを巧みに使って、上手に僕らをコントロールしてるじゃないか。

そして、国民に「いい情報」や「本当のこと」に触れさせないことに成功しているじゃないか。

 

国民はまんまと騙されている。

もうそろそろ夢から目覚めてもいいんじゃないかな・・・

 

僕は自分で事業をやって生計を立てている。

さらに法人成りにもしている。

 

だからわかるんだ。

はっきり言って、個人よりも法人のほうが優遇されてるよ。

 

そのことを知らないのは、真面目に働いている個人の従業員の方々。

自分が獲得している情報が「正しいんだ」と思い込んでいる方々。

 

おもしろいのは、そういう真面目に働いている従業員の方々が、自分を苦しめるような政策を打ち出している政党にばかり投票しようとすること。

消費税を増税し、法人税を下げようとしたり、個人の負担を増やし、法人の負担を減らそうとする政党を応援するということ。

 

このパラドックスを僕らはどう解釈したらいいんだろう。