サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

勤労所得よりも、不労所得のほうがいいし、キャピタルゲインよりもインカムゲインのほうがいい!

汗水垂らして働いて得た100万円も、家賃収入や株式の配当などの不労所得で得た100万円も、僕はどっちも同じ100万円だと思っている。

お金に良いも悪いもないと思ってるんだよね。

 

あとは『好み』の問題!

「どういう方法で不労所得を得るのか?」の方法論の問題だけ。

 

そうだとするならば、僕は労力をかけず、安心した心で定期的に収入が入ってくるものがいいなぁ。

チャートを見てハラハラドキドキしながら売却して儲ける100万円もいいかもしれないけど、ハラハラドキドキせずに100万が入ってくる方法のほうがいいなぁ。

 

そう思っていろいろ探しまわった結果、僕は不動産投資に行き着いたんだよね。

 

賃貸借契約書を取り交わしてる以上、やっぱり入居者は家賃を払ってくれるからだ。

これってよく考えたらすごいことだよね。

 

要するに、勤労所得よりも、不労所得のほうがいいし、キャピタルゲインよりもインカムゲインのほうがいいってことを言いたいんだよね。

 

さらに、インカムゲインを得られるもののなかでも、『契約』というものを武器にできる不動産投資がいちばんいいんじゃないかということも言いたいんだよね。

 

不動産投資に否定的な人から僕はよく「不動産が暴落したらどうする?」と言われる。

「不動産価格が下落したら損するだろ!」と言われる。

 

でも僕はいつも『なんで売らなきゃいけないの?』と思うんだよね。

ずっとずっと売らなきゃいいだけの話じゃね?

 

こういうことを言う人は『投資=売却益』だと思ってる人なんだよね。

極端なことを言えば、不動産投資は暴落してもビクともしないし、関係ないんだ。

 

不動産価格が暴落しても、それが家賃収入に影響を及ぼすわけではない。

もともとキャピタルゲインなんか当てにしていない。

 

『下がったら売らなきゃ』と考える人は売却益の話をしてる。

僕はインカムゲインの話をしているんだよ。

 

だから話が噛み合わないんだ・・・笑